1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 原田博士とデジタルアート、松井画伯と巨大画 「アートでスポーツを応援しよう!」

2018年6月27日

原田博士とデジタルアート、松井画伯と巨大画 「アートでスポーツを応援しよう!」

文化芸術とスポーツの融合を推進する会(CSSP)は、港区「東京2020応援プログラム」推進助成対象事業として、スポーツとアートのコラボレーション シリーズ2「アートでスポーツを応援しよう!」を、7月8日六本木ヒルズアリーナで開催する。

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて努力するアスリートを、アートを通じて応援するプロジェクト。今回のプログラムのテーマ競技は、2020年オリンピック・パラリンピックの際に港区で唯一開催される競技「トライアスロン」。

港区のシンボリックな場所、六本木ヒルズアリーナにて、トライアスロンの選手との触れ合いを起点に、アスリートたちを応援する巨大なアートを、世界で活躍する画家、松井守男さんと共にアクリル絵の具で作画。

そして、子ども向けプログラミングソフト「ビスケット」で、開発者の原田博士と共にデジタルアートも創り出す。完成したアートは、後日、スポーツ・文化施設において展示される。

開催概要

0627-cs開催日時:2018年7月8日(日)
[午前の部]9時30分~12時30分 ※受付開始8時45分
[午後の部]15時00分~18時00分 ※受付開始14時15分
開催場所:六本木ヒルズアリーナ [東京都港区六本木6-10-1]
参加費:500円/人
募集人数:小学生 先着400名(※各部200名)
内容:
オリエンテーション・トライアスロン選手のお話(30分)
松井画伯とのペイント制作(約60分)
ビスケットでデジタルアート制作(約60分)
締めの挨拶/記念撮影(10分)

申込は、メール本文に ①参加する子どもの名前・学年 ②住所、電話番号 ③参加希望回(午前・午後・どちらでもOK)を記入の上下記アドレスに送信する。
artssports2020@gmail.com
申込締切:7月1日(日)

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
GIGAスクール構想 標準仕様書スペックに対応したタブレット端末が登場 Sky安心GIGAタブレット Windows10 Office 365搭載 Sky
GIGAスクールでの表現活動に。 Adobe Spark 詳しくはこちら Adobe
Adobe Creative Cloud 一人年間500円以下 Adobe Creative Cloud 小中高向け 詳しくはこちら Adobe
小学校の1人1台学習をサポートする 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス