1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 京都府高校生学習チャレンジサポート事業に「Classi」3年連続で採択

2018年6月8日

京都府高校生学習チャレンジサポート事業に「Classi」3年連続で採択

Classi は7日、学習支援プラットフォーム「Classi」が京都府教育委員会の「平成30年度教科別学習用デジタルコンテンツの提供業務 (京都府高校生学習チャレンジサポート事業)」に採択されたと発表した。

d120-660-332221-0Classiは2016年度から同事業に採択されており、3年連続での採択となる。京都府は、南北に長く広がる地形から、地域によって人口分布や交通事情が異なり、高校生の学習環境にも少なからず影響がある。特に北部地域は学習塾や予備校といった教育機関が少なく、遠方から通学せざるを得ないなど、以前から学習時間の制約などが課題となっていた。

こうした問題を解決し、生徒の学習環境を整え、学力向上と希望進路の実現を図るため、京都府では、北部地域の府立高校12校に対し、PC教室などで動画による学習教材を視聴できるように整備した。

各校のパソコン教室では約40台のパソコンでClassiのサービスが利用でき、幅広い教科・分野の講義が収められた2万5000本以上の「学習動画」や約7万問の「Webドリル」を生徒が自由に活用できるように整備されているという。また、希望する生徒は、スマートフォンやタブレットを使って、自宅などからもこれらの学習コンテンツにアクセスできるようになっている。

京都府では、学習環境の整備にとどまらず、成績伸長や学習意欲向上のための活用方法の検証、それらを踏まえた効果的な学習モデルの作成なども視野に入れ、今後も積極的なICTおよびClassiの活用を予定している。またClassiも、最新のテクノロジーを活用した“新たな学び”を提供し、支援していきたいとしている。

関連URL

Classi

教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 失敗しない学校へのICT導入 5つのポイントを公開 ICT導入・活用無料セミナー開催 すらら
  • 新学習指導要領対応!チエル クラウド型デジタル教材 基礎・基本 国語検定
  • よく届く ラッカスの無線LAN 離れた小中学校21校をひとつに繋ぐ 伊那市の導入事例掲載中
  • eラーニングの録画・配信 Matrox Monarch LCS
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • スマホでサクサクニュースを読もう ICT教育ニュース メルマガ登録