1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 神奈川大、「全国高校生理科・科学論文大賞」の作品を募集

2018年7月10日

神奈川大、「全国高校生理科・科学論文大賞」の作品を募集

神奈川大学は9月14日まで、全国の高校生から「第17回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞」の論文を募集している。

高校の理科教育を支援する試みとして2002年に創設されたこの賞は、理科・科学に関する研究や実験、観察、調査の成果についての論文を募集し、優秀な論文作品に各賞(大賞・優秀賞・努力賞・団体奨励賞)を授与。

来年3月9日に開催予定の授賞式では、受賞者の表彰のほか、受賞者による「研究発表」の場を設けることで、高校生の更なる研究を促す。また、受賞論文は受賞作品集「未来の科学者との対話」として出版される。

論文が主な対象だが標本、装置、模型、データ、図表、映像、CD-ROMなどの添付も可。論文の分量は1万6000字(A410枚)程度。

まず、神奈川大事務局に募集要項を請求し、論文(クリップ・ホチキス止め可)、応募票、論文要旨(400字程度)、捺印のある指導教諭の推薦状、研究者一覧(共同研究の場合)を正本1部、副本4部準備し、計5部ずつ同大へ送付。結果発表は今年12月中旬で、応募者に通知される。

大賞(1編)10万円と記念品、優秀賞(3編程度)5万円と記念品、努力賞(15編程度)3万円と記念品、指導教諭賞(大賞、優秀賞、努力賞の各入賞者を指導した教諭)2万円、団体奨励賞(複数の優秀な論文を応募した高校5校)記念品が用意されている。

関連URL

第17回神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス