1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 小中校生の映像コンテスト「KWNグローバルコンテスト2018」24日から開催

2018年7月13日

小中校生の映像コンテスト「KWNグローバルコンテスト2018」24日から開催

パナソニックは12日、世界各国の小中高校生を対象に映像制作を支援する教育プログラム「キッド・ウィットネス・ニュース(KWN)」の2018年グローバルコンテストの審査に向け、各国のNo.1作品となる25作品を決定したと発表した。

また、コンテストで各国No.1となった16の国と地域25学校の代表約100名を東京に招致し、7月24日~28日の期間で「KWNグローバルサミット2018」を実施。KWNプログラムとしてサミットを開催するのは今回が2回目となり、7月27日に「KWNグローバルコンテスト2018」のグランプリを発表する。

KWNはパナソニックが次世代育成支援活動の一環として、現在、16の国と地域で展開している活動。各参加校へビデオ機材を提供し、制作されたビデオ作品を毎年のコンテストに表彰する参加型教育プログラムで、子どもたち自らが企画から取材、撮影、編集までを行い映像を制作する。

1989年に米国で始まった活動は2018年で29年目を迎え、累計18万人以上の子どもたちや教師が参加。2018年度は、世界16の国と地域から3450名が参加し、417校から作品の応募があった。

作品は、「コミュニケーション」、「環境」、「スポーツ」のいずれかをテーマにした最大5分間のビデオで、家族・障がい者・PTSDを題材にした、人との交流、環境問題、スポーツの絆など、子どもたちの生活に身近な話題を子どもならではの視点で取り上げているという。

今回各国No.1の代表の16カ国25作品は「KWNグローバルコンテスト2018」特設サイトで視聴できる。

関連URL

「KWNグローバルコンテスト2018」特設サイト

キッド・ウィットネス・ニュース

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
参加者募集 タミヤロボットスクール フランチャイズ教室加盟相談会 東京10月7日・21日/大阪10月16日(水)

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 学校法人西岡学園 札幌山の手高等学校 すらら×英検合格
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス