1. トップ
  2. データ・資料
  3. テスティー、iPhoneユーザーの地図アプリに関する調査

2018年9月28日

テスティー、iPhoneユーザーの地図アプリに関する調査

テスティーは、iPhoneユーザー男女4219名を対象に8月16日、17日に地図アプリに関する調査を実施、27日にその結果を公表した。

d13425-107-172774-0それによると、地図アプリの利用者は7割以上。メインで利用している地図アプリは、性別、年代を問わず、第1位は「Googleマップ」で全体の63.5%を占めた。

メイン利用アプリは、性別、年代と移動手段で異なることが分かった。日常的に「車を運転する」と回答した人では、「Yahoo!MAP」の利用率が他のアプリに比べて高い傾向が見られた。「NAVITIME」のメイン利用者は利用頻度が高く、電車の乗り換え情報の豊富さが高評価を得ていた。Apple純正地図アプリ「マップ」はシンプルさと使いやすさで好評を得ていた。

調査ではさらに、地図アプリとして利用頻度の高い4アプリについて、性別・年代別の詳細な利用率をまとめている。

関連URL

調査の詳細

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス