1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ネットから子どもを守るアプリ「FamilyTime」がアップデート

2018年9月28日

ネットから子どもを守るアプリ「FamilyTime」がアップデート

YumyAppsは27日、ネットから子どもを守るペアレンタルコントロールアプリ「FamilyTime」の現在の機能、セキュリティ、パフォーマンスを改善するために大規模なアップデートを行うと同時に、新たな「ネットフィルタリング」機能も追加したと発表した。

LL_img_166770_1今回のアップデートで、スクリーンタイム制限を適用する前に子どもに許可を与えなければならない「アクセシビリティの許可」が必要になった。

「アクセシビリティの許可」はセキュリティとコンプライアンスの強化の一部で、この機能を使用すれば、子どもが任意のアクセス権を手動で無効にすると、毎日18:00に親に通知が届く。通知の画面上の指示に従い、もう一度アクセス権を有効にすることができる。

また、アプリブロッカー、Familyポーズ、スクリーンタイム制限を改良して、子どものデバイスをよりよく制御できるようにした。

スクリーンタイム制限とApp Usage Reportの改善で、両親は制限を適切に設定し、同意したスケジュールに基づいて子どもが電話を使用していることを確認できる。

アプリのインストールプロセスとデータの更新が高速化されているため、ユーザはアプリをすぐに起動して実行することができる。誰でも使用できるよう、プロセスが簡単になり、技術的なノウハウを最小限に抑えた。

アプリのアンインストールと設定の保護も更新。子どもはアプリをアンインストールできず、保護者は設定やアプリの権限を制御できる。

こうした大規模なアップデートに加えて、多数の画期的なネットフィルタリング機能も開発。公式に発表した最初の機能は「SafeSearch」機能で、親が子どものデバイスでGoogle、Bing、YouTubeの検索を制限できる。

関連URL

FamilyTime

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス