1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ユーバー、教育機関向け未就学・低学年プログラミング学習サービスを発表

2018年10月24日

ユーバー、教育機関向け未就学・低学年プログラミング学習サービスを発表

ユーバーは19 日、幼稚園など教育機関向けのプログラミング学習サービス「うさプロ ジュニアコース」の発売を発表した。

1024-yu
未就学から小学校低学年の子どもがプログラミング学習をスタートする時、数値の計測、方向の理解、処理の順番といった、いくつかの課題に度々直面する。「うさプロジュニアコース」の教材は、これらの課題を解決し、子どもがつまずくことなく創作を楽しみながらプログラミング学習に必要な知識を得られるよう構成してあるという。

また、教育機関にとっては、教員の育成や ICT 機器の管理なども大きな課題だが、「うさプロ ジュニアコース」は、教材提供だけでなく、タブレットPCを持参するプログラミング講師による出張講座や、教師に対する質疑応答サービスを提供することで教育機関を強力にサポートする。

現在、2019年春開講準備中・検討中の教育機関向けに出張デモを受付けている。小学生向け「うさプロシリーズ」も近日発売を予定している。

「うさプロ ジュニアコース」概要

利用例・教育機関への提供価格:
・出張講座:講師派遣+タブレット 5 台貸出+教材ライセンス (1 回 60 分/定員 10 名) 単体ワークショップ1講座あたり 3万4000円(税別)
6 講座セット、月2回開催、月額 5万7500(税別)
・教材ライセンスのみの提供:
単体ワークショップ1講座あたり/10 アカウント 8000円(税別)
6 講座セット/10 アカウント、月2回開催 月額 1万5000円(税別)
*上記は利用例。端末台数、ライセンス数、コマ数追加など柔軟に対応可能。
対象とする受講者:はじめて学ぶ年長さんくらいから小学校低学年のお子様
使用言語:スクラッチ
コース:全 6 講座。1 講座 60 分、月 2 回開催の場合 3カ月間のコース。

詳細・デモ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス