1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 大塚製薬の「スケッチクックえかきうた」動画、再生35万回突破

2018年10月3日

大塚製薬の「スケッチクックえかきうた」動画、再生35万回突破

大塚製薬は2日、YouTube公式チャンネルで9月11日から公開した動画「スケッチクックえかきうた」が、10月1日時点で再生回数35万回を突破したと発表した。

00「スケッチクックえかきうた」は、栄養バランスの大切さを楽しく学べる食育アプリ「おいしいおえかきSketchCook–A nutritious experiment with Google」(スケッチクック)を、子どもたちがより手軽に使えるように制作したもの。

好きな料理の絵を描きスマートフォンやタブレットのカメラで撮影する「スケッチクック」の操作を、明るいメロディのお絵描き歌に合わせて進めることができる。

「かわいい料理の絵が描ける」、「絵は苦手だけど楽しみながら描けた」など多くのコメントが寄せられ好評を得ているという。歌は、アーティストの坂本美雨さんが担当。

アプリ「スケッチクック」はさまざまな料理に対応しているが、「スケッチクックえかきうた」は子どもに人気の高いオムライス、おにぎり、ピザの3メニューをモチーフとして採用。

「スケッチクック」は、食育活動に取り組む大塚製薬が、Googleの機械学習技術を採用したほか、楽天レシピの協力を得て実現した食育アプリで、今年5月18日に公開。

子どもが描いた料理の絵をスマートフォン・タブレットのカメラで取り込むと、どんな料理であるかをAIが自動的に認識し、栄養バランスを考えたレシピや適切な食べ合わせを提案する。

関連URL

スケッチクックえかきうた

iOSダウンロード

Androidダウンロード

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス