1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アカデミスト、米国の学術系クラウドファンディングサイトと連携

2019年8月28日

アカデミスト、米国の学術系クラウドファンディングサイトと連携

アカデミストは27日、米国発の学術系クラウドファンディングサイトを運営するExperimentと、研究費獲得を目的としたクラウドファンディングを連携して推進していくための協力覚書を締結したと発表した。

アカデミストは、2014年から日本初の研究費獲得に特化したクラウドファンディングサービス「academist」の運営を通じて、主に基礎研究支援を目的とした取り組みを進めてきた。

これまでに約100人の研究者がacademistのクラウドファンディングプロジェクトに挑戦し、総額約1億円の研究費の獲得に成功している。

一方、Experimentは、2011年にサイトを公開後、研究費獲得に特化したクラウドファンディングのパイオニア的存在として成長。

支援総額は約870万ドル(約9億2700万円)と、学術系クラウドファンディングサイトとしては世界一を誇る。

今回の両社の協力覚書締結は、Experimentのサイト上に掲載されたクラウドファンディングプロジェクトの内容を日本国内のacademistユーザーに伝え、国内外の双方にわたって学術系クラウドファンディングの魅力をアピールすることを目的としたもの。

具体的な連携内容は、Experimentのサイト上に2カ国語併記(英語/日本語)のプロジェクトを掲載、日本語のプロジェクトページ制作をアカデミストがサポート、Experimentの日本語ページの広報宣伝をアカデミストが担当するという3点。

第1弾として、東京大学大学院理学系研究科附属・臨海実験所・岡西政典特任助教のプロジェクト「深海生物キヌガサモヅルの新種を発見したい!」と、Cameron Hilker氏のプロジェクト「近代化は雪国の文化にどのような影響を与えたのか?」を、Experimentのサイト上で公開した。

今後も、日本に所縁のある研究に取り組む外国人研究者のプロジェクトを複数公開する予定。

関連URL

academist

Experiment(英文)

深海生物キヌガサモヅルの新種を発見したい!

近代化は雪国の文化にどのような影響を与えたのか?

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス