1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本漢字能力検定協会、平成最後の世相を表す「漢字一字」募集

2018年10月4日

日本漢字能力検定協会、平成最後の世相を表す「漢字一字」募集

日本漢字能力検定協会は、今年一年の世相を漢字一字で表現し清水寺で発表する「今年の漢字」を、11月1日~12月5日までの期間、全国および一部海外から募集する。

「今年の漢字」は、国民一人ひとりが一年を振り返り、その年の世相を表す漢字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらおうと、1995年から毎年開催して今年で24回目を迎える。

応募された漢字一字とその理由を集計し、12月12日の「漢字の日」前後に最多応募数の漢字を、京都・清水寺の森清範貫主の揮毫により発表している。その後、一年の出来事を清めるとともに、明るい新年となるよう願いを込めて奉納する。

応募方法は、ハガキ、特設応募サイトに加え、全国1300カ所以上の書店・図書館などに設置される「今年の漢字 応募箱」から受け付ける。

また、学校、企業などからの団体応募もある。会員登録をしなくてもスマートフォンから簡単に応募することができる。さらに、「2018年 今年の漢字」公式Twitterアカウント(@Kotoshinokanji)を開設し、「今年の漢字」についての情報を発信していく。

関連URL

「今年の漢字」特設応募サイト

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス