1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 世相を表す「今年の漢字」、11月1日〜12月5日まで応募受付

2019年10月2日

世相を表す「今年の漢字」、11月1日〜12月5日まで応募受付

日本漢字能力検定協会は1日、今年1年の世相を「漢字一字」で表現し、京都・清水寺で発表する毎年恒例の「今年の漢字」を、11月1日~12月5日までの期間、全国から募集すると発表した。

「今年の漢字」公式画像2018年「災」

「今年の漢字」は、1年を振り返り、その年の世相を表す漢字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらおうと、1995年から毎年開催しており今年で25周年を迎える。昨年は、19万3214票の応募の中から、2万858票を集めた「災」が1位になった。

日本全国から応募された漢字一字とその理由を集計し、12月12日の「漢字の日」前後に最多応募数の漢字を、清水寺の森清範(せいはん)貫主(かんす)の揮毫(きごう)で発表。その後、1年間の出来事を清めるとともに、明るい新年となるよう願いを込めて奉納する。

応募方法は、はがき、特設応募サイトに加え、全国1300箇所以上の書店・図書館などに設置される「今年の漢字応募箱」、また学校、企業などからの団体応募もある。会員登録をしなくてもスマホから簡単に応募できる。

「今年の漢字」募集概要

受付期間:11月1日(金)9:00~12月5日(木)23:59まで
募集内容:2019年を振り返り、起こった出来事や世相からイメージする漢字一字と、その理由を明記
応募方法:
「個人での応募」
インターネット(スマホ・タブレットもOK)
・はがき:〒605-8799東山郵便局私書箱第11号 2019年「今年の漢字」係( 郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号明記)
・応募箱:所定の応募用紙で応募、応募箱設置期間は12月3日(火)まで
「団体での応募」
・学校・塾など:団体用応募用紙をダウンロードし、団体応募要項に従って応募
・企業・施設など:企業や施設に応募箱を設置し、とりまとめて団体応募
結果発表:12月12日(木)、京都・清水寺で

特設応募サイト

関連URL

「今年の漢字」

日本漢字能力検定協会

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス