1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 世相を表す「今年の漢字」、11月1日〜12月5日まで応募受付

2019年10月2日

世相を表す「今年の漢字」、11月1日〜12月5日まで応募受付

日本漢字能力検定協会は1日、今年1年の世相を「漢字一字」で表現し、京都・清水寺で発表する毎年恒例の「今年の漢字」を、11月1日~12月5日までの期間、全国から募集すると発表した。

「今年の漢字」公式画像2018年「災」

「今年の漢字」は、1年を振り返り、その年の世相を表す漢字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらおうと、1995年から毎年開催しており今年で25周年を迎える。昨年は、19万3214票の応募の中から、2万858票を集めた「災」が1位になった。

日本全国から応募された漢字一字とその理由を集計し、12月12日の「漢字の日」前後に最多応募数の漢字を、清水寺の森清範(せいはん)貫主(かんす)の揮毫(きごう)で発表。その後、1年間の出来事を清めるとともに、明るい新年となるよう願いを込めて奉納する。

応募方法は、はがき、特設応募サイトに加え、全国1300箇所以上の書店・図書館などに設置される「今年の漢字応募箱」、また学校、企業などからの団体応募もある。会員登録をしなくてもスマホから簡単に応募できる。

「今年の漢字」募集概要

受付期間:11月1日(金)9:00~12月5日(木)23:59まで
募集内容:2019年を振り返り、起こった出来事や世相からイメージする漢字一字と、その理由を明記
応募方法:
「個人での応募」
インターネット(スマホ・タブレットもOK)
・はがき:〒605-8799東山郵便局私書箱第11号 2019年「今年の漢字」係( 郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号明記)
・応募箱:所定の応募用紙で応募、応募箱設置期間は12月3日(火)まで
「団体での応募」
・学校・塾など:団体用応募用紙をダウンロードし、団体応募要項に従って応募
・企業・施設など:企業や施設に応募箱を設置し、とりまとめて団体応募
結果発表:12月12日(木)、京都・清水寺で

特設応募サイト

関連URL

「今年の漢字」

日本漢字能力検定協会

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワークで使用するPCのセキュリティ対策できてますか? Yubi Plusで対策する! 先生方にもテレワークを! Yubi Plus
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
オンライン授業・学習支援システム ライセンス無料進呈 TeacherView

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 個別商談会受付中!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って?
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス