1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 2020年「今年の漢字」応募締切が迫る、12月6日必着で受付中

2020年11月13日

2020年「今年の漢字」応募締切が迫る、12月6日必着で受付中

日本漢字能力検定協会は、今年一年の世相を漢字一字で表現する「今年の漢字」を12月6日までの期間、全国から募集している。最多応募数の漢字は12月14日に京都・清水寺で発表する。

「今年の漢字」は、国民一人ひとりが一年を振り返り、その年の世相を表す漢字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらおうと、1995年から毎年開催されており、今年で26回目を迎える。

日本全国から応募された漢字一字とその理由を集計し、12月12日の「漢字の日」前後に最多応募数の漢字を、京都・清水寺の森清範貫主の揮毫のより発表している。その後、一年間の出来事を清めるとともに、明るい新年となるよう願いを込めて奉納する。

応募は、はがき、特設応募サイトに加え、全国の書店・図書館などに設置される「今年の漢字 応募箱」、または学校、企業などからの団体応募を受け付けている。はがき、特設応募サイトから応募した人には、抽選で100名に図書カードや京都旅行の気分が味わえるグッズセットなどをプレゼントする。

団体での応募

①(学校・塾など)団体用応募用紙をダウンロードし、団体応募要項に従って応募。
②(企業・施設など)企業や施設に応募箱を設置し、とりまとめて団体応募。
③団体内にてテキストデータで収集し、特設応募サイトのマニュアルに従い応募。

特設応募サイト

関連URL

「今年の漢字」に関する情報

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス