1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 2020年「今年の漢字」応募締切が迫る、12月6日必着で受付中

2020年11月13日

2020年「今年の漢字」応募締切が迫る、12月6日必着で受付中

日本漢字能力検定協会は、今年一年の世相を漢字一字で表現する「今年の漢字」を12月6日までの期間、全国から募集している。最多応募数の漢字は12月14日に京都・清水寺で発表する。

「今年の漢字」は、国民一人ひとりが一年を振り返り、その年の世相を表す漢字を考えることで、漢字の持つ奥深い意義を再認識してもらおうと、1995年から毎年開催されており、今年で26回目を迎える。

日本全国から応募された漢字一字とその理由を集計し、12月12日の「漢字の日」前後に最多応募数の漢字を、京都・清水寺の森清範貫主の揮毫のより発表している。その後、一年間の出来事を清めるとともに、明るい新年となるよう願いを込めて奉納する。

応募は、はがき、特設応募サイトに加え、全国の書店・図書館などに設置される「今年の漢字 応募箱」、または学校、企業などからの団体応募を受け付けている。はがき、特設応募サイトから応募した人には、抽選で100名に図書カードや京都旅行の気分が味わえるグッズセットなどをプレゼントする。

団体での応募

①(学校・塾など)団体用応募用紙をダウンロードし、団体応募要項に従って応募。
②(企業・施設など)企業や施設に応募箱を設置し、とりまとめて団体応募。
③団体内にてテキストデータで収集し、特設応募サイトのマニュアルに従い応募。

特設応募サイト

関連URL

「今年の漢字」に関する情報

町全体でICT化を推進 福島県西会津中学校 すらら 活用事例のご紹介
文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介 Classi
自立学習型能力開発 ICT教材の利活用にお悩みの先生へ 導入事例をご紹介 速読解力講座 速読聴英語講座 簡単入力で資料請求
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
時間と距離の課題をICTでクリア 島しょ部の生徒たちに刺激と交流の機会を マイナビニュース PR:シスコシステムズ
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って? 1分で資料入手!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス