1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「沖縄県マルチメディア教育実践研究大会」、12月14日開催

2018年11月15日

「沖縄県マルチメディア教育実践研究大会」、12月14日開催

沖縄県マルチメディア教育研究会は、「第24回沖縄県マルチメディア教育実践研究大会」を、12月14日に那覇市の松川小学校で開催する。

今回の大会の研究主題は、「新学習指導要領を見据えた授業づくり~ICTで実現する主体的・対話的で深い学び~」。

当日の公開授業では、「小学校5年理科×シンキングツール」を那覇市立松川小学校の馬渕大輔教諭が実践する。

iPadを使用してシンキングツールにまとめ発表する活動を行うことで、個人が思考した内容を視覚化することができ、児童がより主体的・対話的に学べ、さらに評価の充実につながる授業を行う。今回は理科の授業で行うが、どの教科でも活用できる実践をする。

パネルディスカッションでは、4人の教師が登壇し、「新学習指導要領を見据えた授業づくり」などについて討論する。

また、ワークショップ(当日受付)は、「よみとき新聞ワークシート活用講座」(定員20人)、
「iPadでクリエイティブな子どもを育てよう」(定員20人)、「教頭先生や経年研修のためのアンケート集計講座」(定員15人)、「ここから始まる小学校プログラミング〜アンプラグドが拓くプログラミングの世界〜」(定員20人)などを開催する。

開催概要

開催日時:12月14日(金)13:20~17:10(受付13:00)
開催会場:那覇市立松川小学校[沖縄県那覇市松川1-7-1]
定員:100人
会費:1000円(資料代)

詳細・申込

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス