1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 複数のドローンパイロットのタブレット地図に自由にマーキングできるアプリ

2018年11月30日

複数のドローンパイロットのタブレット地図に自由にマーキングできるアプリ

ドローンネットは29日、複数のドローンパイロットの手元タブレットの地図アプリに、リアルタイムで自由にマーキングできるアプリ「フューチャードロー」を開発したことを明らかにした。

00ドローン業務依頼者などがオフィスのパソコンから「フューチャードロー」で地図アプリに矢印を描くと、業務依頼先のドローンパイロットの手元タブレットの地図にも同じ矢印が表示される。それにより、現場のパイロットに対して、ドローンで探索してほしいエリアの指示や道先案内などが、現場に行かなくても遠隔でリアルタイムに行うことができる。

「フューチャードローン」は、ドローンのリアルタイム位置情報&空撮映像の同時ライブ配信ができるシステム「ドローンスコープ」との併用となる。

従来の市販のドローンでは、数キロ以上先に空撮映像をライブ配信することは困難だったが、「ドローンスコープ」を使うと、沖縄で空撮中の映像を北海道へ簡単にインターネットライブ配信できる。また、大がかりな中継機材を一切使わず、低コストで複数のドローンから複数のパソコンやスマートフォンへ同時にライブ配信することもできる。各ドローンの位置情報もライブ映像とともに配信されるので、複数機を同時に運航管理できる。

さらに同社では、「フューチャードロー」を使った次世代の新しい職業技能が習得できる「ドローン管制士3級」と「ドローン中継士3級」の両講座を開講した。

「ドローン管制士3級」は、空撮現場にいるドローンパイロットに対し、「フューチャードロー」を使ってフライトプランの変更指示やミッションの追加などを行うディレクションスキルを習得するための講座。また、目視外飛行の際の補助者にも必要なスキルが学べる。

「ドローン中継3級」では、「ドローンスコープ」を使ってドローンから複数のPCやスマホなどの端末に空撮中の映像をインターネットライブ配信するスキルを習得することができる。

「フューチャードロー」や「ドローン管制士3級」「ドローン中継士3級」は、会員制サービス「スカイビシネス会員」に入会している個人、法人、自治体限定で利用/受講することができる。

関連URL

ドローン管制士 3級

ドローン中継士 3級

スカイビジネス会員

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス