1. トップ
  2. データ・資料
  3. 子どもの成長に役立つ叱り方ができていないと思う理由、明光義塾調べ

2018年11月5日

子どもの成長に役立つ叱り方ができていないと思う理由、明光義塾調べ

明光義塾を展開する明光ネットワークジャパンは、中学生の子どもを持つ全国の保護者男女600名を対象に、「テスト結果に対しての保護者のリアクション実態調査」を実施し、2日その結果を発表した。

Clipboard011-e1541116040207_0それによると、保護者の2人に1人はテスト結果に対して叱ったことがあると回答。男女で比較してみると、叱った経験のある男性の保護者は47.7%、女性の保護者は57.0%で、女性の方がこどものテスト結果に対して叱った経験が多いことが分かった。

Clipboard021-e1541116168290_1テスト結果に対して子どもを叱った経験があると回答した保護者を対象に、何について叱っているかを訊ねたところ、最も多かったのが「日々の勉強に対する姿勢について」47.5%、次に「やればできるはずなのにならないことに対して」46.2%、「テスト勉強の仕方に対して」41.7%と続いた。また、テストの点数が低いことに対して叱っている保護者も34.1%いた。

Clipboard03-480x399テスト結果で子どもを叱る際に、子どものモチベーションや今後の学習に役立つ叱り方ができていると思うかを訊いたところ、「どちらかというとできていない」「できていない」を合わせて6割を超える保護者が、子どもの成長に役立つ叱り方ができていないと思っていることが分かった。

子どもの成長に役立つ叱り方ができていないと思う理由としては、第1位が「感情的に叱っているから」47.0%、第2位が「適切な叱る言葉が分からない」36.5%となった。男女で見ると、男性の保護者の第1位は「適切な叱る言葉が分からない」39.7%、女性の保護者の第1位は「感情的に叱っているから」52.5%となった。

一方、9割以上の保護者がテスト結果に対して褒めたことがあると回答。何について褒めているかを訊ねたところ、最も多かったのが「テストの点数が良いことに対して」71.0%となり、次に「苦手な問題を克服したことに対して」「日々の勉強に対する姿勢について」がともに37.8%という結果となり、叱る時は過程を重視し、褒める時は結果を重視する傾向にあることが窺えた。

また、約半数の保護者が、テスト結果で子どもを褒める際に、子どものモチベーションや今後の学習に役立つ褒め方ができていないと思っていることが分かった。子どもの成長に役立つ褒め方ができていないと思う理由の第1位は、「適切な褒める言葉が分からない」45.0%で、「褒めることに慣れていない」「褒めるポイントが点数以外わからない」と続いた。

同社では、明光義塾に通う子どもを持つ保護者のためのコミュニティサイト「メイコミュ」でも同じ内容のアンケート調査を実施し、寄せられた回答を紹介している。

関連URL

メイコミュ

KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
立命館守山中学校・高等学校 ICT公開授業研究会 with Classi 11.24(土) お申し込みは11月16日(金)まで
教育ICT 大規模導入!in 熊本市 NTT DOCOMO
早期お申込がおトク!2019年新人・新卒者研修 春の先得キャンペーン KENスクール 法人研修サービス
プログラミング学習ロボット展 Web展示会 タダイマカイサイチゥ

アーカイブ

  • 10件以上の学習塾 ICT活用事例はこちら すらら
  • 学校現場のICT活用情報 冊子を無料でお届け チエルマガジン申し込みへ
  • 先生!ひょっとしてeラーニングでお悩みですか?
  • 進研模試に連動したアダプティブラーニング 合格への戦略 高1〜高3 お申込み受付中!
  • みらいスクールステーション 導入校が驚いた想定外の利用率! 教室ノートPCに代わる教育ICT専用端末 FUJISOFT
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス