1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 受験生の保護者3人に1人が子どものスマホ利用にルールを設定=明光義塾調べ=

2019年12月13日

受験生の保護者3人に1人が子どものスマホ利用にルールを設定=明光義塾調べ=

明光義塾を展開する明光ネットワークジャパンは、中学3年生、高校3年生の子どもを持つ保護者600名(中学3年生を持つ保護者300名、高校3年生を持つ保護者300名)を対象に「受験生のサポート実態調査2019」を実施し、12日にその結果を公開した。

それによると、受験生の保護者の36.1%、3人に1人が、受験に向けて子どものスマホ利用にルールを設定していた。中学3年生の保護者で45.0%、高校3年生の保護者で26.0%となった。ルールを設定していると回答した保護者にどのようなルールを設定しているかを質問したところ、最も多かったのは「スマホの使用時間を制限している」80.0%で、「利用アプリを制限している」「SNS利用を制限している」と続いた。

受験生がいる家庭の85%以上が家族で協力していると回答。また、8割以上が子どもの志望校に納得していることが分かった。さらに、8割以上の保護者が子どもの受験にかかる費用を把握しており、中学3年生の保護者で73.7%、高校3年生の保護者で90.8%という結果となった。

受験生の子どもに対しどのように応援をしているかを訊ねたところ、最も多かったのが「言葉で伝えて応援している」74.6%だった。また、保護者の約4割が受験生の子どもに対して言わないように心がけている言葉があると回答した。さらに、75%以上の家庭で、受験生の子どものために年末年始のイベントを配慮する予定であることが分かった。

受験生の子どもをサポートするにあたって一番たいへんだと感じることのTOP3は、「体調管理」「モチベーション管理」「メンタルサポート」となった。

明光義塾では、同社が運営するコミュニティサイト「メイコミュ」でも同内容のアンケート調査を実施し、その内容を紹介している。

関連URL

「メイコミュ」

明光ネットワークジャパン

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
期間限定体験コース開設 CLICK! 非営利型一般社団法人 Just-learning

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス