1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 受験生の保護者3人に1人が子どものスマホ利用にルールを設定=明光義塾調べ=

2019年12月13日

受験生の保護者3人に1人が子どものスマホ利用にルールを設定=明光義塾調べ=

明光義塾を展開する明光ネットワークジャパンは、中学3年生、高校3年生の子どもを持つ保護者600名(中学3年生を持つ保護者300名、高校3年生を持つ保護者300名)を対象に「受験生のサポート実態調査2019」を実施し、12日にその結果を公開した。

それによると、受験生の保護者の36.1%、3人に1人が、受験に向けて子どものスマホ利用にルールを設定していた。中学3年生の保護者で45.0%、高校3年生の保護者で26.0%となった。ルールを設定していると回答した保護者にどのようなルールを設定しているかを質問したところ、最も多かったのは「スマホの使用時間を制限している」80.0%で、「利用アプリを制限している」「SNS利用を制限している」と続いた。

受験生がいる家庭の85%以上が家族で協力していると回答。また、8割以上が子どもの志望校に納得していることが分かった。さらに、8割以上の保護者が子どもの受験にかかる費用を把握しており、中学3年生の保護者で73.7%、高校3年生の保護者で90.8%という結果となった。

受験生の子どもに対しどのように応援をしているかを訊ねたところ、最も多かったのが「言葉で伝えて応援している」74.6%だった。また、保護者の約4割が受験生の子どもに対して言わないように心がけている言葉があると回答した。さらに、75%以上の家庭で、受験生の子どものために年末年始のイベントを配慮する予定であることが分かった。

受験生の子どもをサポートするにあたって一番たいへんだと感じることのTOP3は、「体調管理」「モチベーション管理」「メンタルサポート」となった。

明光義塾では、同社が運営するコミュニティサイト「メイコミュ」でも同内容のアンケート調査を実施し、その内容を紹介している。

関連URL

「メイコミュ」

明光ネットワークジャパン

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi Classi連携サービス 英語4技能 探求学習 プログラミング Classi IDで利用可! まずはトライアル
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス