1. トップ
  2. データ・資料
  3. 受験生のサポート実態調査2018、明光義塾調べ

2018年12月17日

受験生のサポート実態調査2018、明光義塾調べ

明光義塾は、中学高校の3年生の子どもを持つ母親600名 (中高それぞれ300名ずつ) を対象に、受験生のサポートに関する実態調査を11月下旬に実施、13日その結果を発表した。

Clipboard014-e1544660781378それによると、子どもの受験をサポートするにあたって一番大変だと感じることは、「体調管理」が最多の37.3%で、次いで「モチベーション管理」「メンタルサポート」と続いた。受験を意識して本格的なサポートを開始した時期については、最も多かったのが「受験の1年前くらい」30.0%で、「受験の2年前くらい」「受験の6カ月前くらい」と続いた。「サポートしていない/受験をしない」と回答した人も11.0%いた。

また、子どもの食事に対して受験を意識しているかを訊ねたところ、「とても意識している」「どちらかというと意識している」を合わせて、8割以上の受験生の母親が食事に関しても受験を意識していることが分かった。食事に関して受験を意識していると回答した人を対象に、栄養面で意識することを訊いたところ、最多回答は「栄養のバランスを意識する」85.8%となった。

さらに、約8割の母親が、子どもが体調不良で受験に影響が出ないように何らかの対策をしていると答えた。その人たちを対象に風邪予防の対策を訊ねたところ、「うがい・手洗いの徹底」が74.4%で最多、「周りの家族が風邪や病気にならないように注意する」「子どもにマスクをつけさせる」と続いた。

最後に、子どもの受験をサポートすることに対してストレスを感じることがあるかを訊ねたところ、「常にストレスを感じる」「時々ストレスを感じる」を合わせて、74.9%の母親がストレスを感じていることが明らかになった。

明光義塾は、同社が運営するコミュニティサイト「メイコミュ」でも同じ内容のアンケート調査を実施し、寄せられた回答を紹介している。

関連URL

メイコミュ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 入試改革・新課程を見据えた 学校とICTのあり方を考える会 9.14 土 全国16拠点で同時開催! 詳細はこちら
プログラミングの基本が楽しく身につく、toio(TM)の特別ワークショップ資料公開! お得なセット新登場!!
NICA 全国ICTクラブ協会 無料セミナー Society5.0時代を生き抜く子どもを育てるための ママパパICT&プログラミング講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 探求学習 すらら×札幌新陽高校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス