1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 「NOID」から生まれたAlexaスキルの延べ利用ユーザー数が5000を突破

2018年12月14日

「NOID」から生まれたAlexaスキルの延べ利用ユーザー数が5000を突破

アイリッジは13日、スマートスピーカー向けアプリの開発プラットフォーム「NOID(ノイド)」を使ってノンプログラミングで作られたAlexaスキルの延べ利用ユーザー数が、12月4日に5000を突破し、延べ発話数は3万3000を突破したと発表した。

d11255-114-526414-1Alexaスキルは、Amazon社のスマートスピーカー「Echo」シリーズなどで動くアプリ。スマートフォンアプリと同様、サードパーティーの事業者や個人が開発・制作することができる。

作成したAlexaスキルは、Amazon側の審査を通過するとAmazon Alexaスキルストアに公開され、Alexaを搭載したデバイスに「アレクサ、●●(作成したスキル名)を起動して」などと呼びかけて使えるようになる。Amazon Alexaスキルストアで公開されているスキルは12月4日時点で2000を超えている。

Alexaスキルには、対話形式で情報を返したり音声ファイルを再生したりする「カスタムスキル」と、一方的に短いニュースを次々と読み上げる「フラッシュブリーフィングスキル(ニューススキル)」、スマートホーム機器と連携し呼びかけに応じて操作などを行う「スマートホームスキル」の3種類がある。

NOIDでは現在、カスタムスキルとフラッシュブリーフィングスキルを作ることができ、「赤ちゃんの好きな音」や「勉強タイマー」、「野菜のゆで時間」など、カスタムスキルを中心に公開済みAlexaスキルが増えてきている。

こうしたNOID製Alexaスキルが、これまで5000人を超える利用者に3万回以上話しかけられたことになる。

関連URL

NOID

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス