1. トップ
  2. 学校・団体
  3. ソニー財団、 2018年度「教育・保育実践論文」の入選校と園を発表

2018年12月21日

ソニー財団、 2018年度「教育・保育実践論文」の入選校と園を発表

ソニー教育財団は20日、2018年度「教育・保育実践論文」の入選校と入選園を発表した。

同財団は、全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園を対象に「教育・保育実践論文」を募集し、特に優れた取り組みに、教育助成金とソニー製品を贈呈している。

今年度は、全国の小・中学校から172件、幼稚園・保育所・認定こども園から146件、合計318件の論文応募があり、書類審査、現地調査および厳正なる最終審査を経て、入選校・入選園を決定。受賞校・園の関係者には、2019年1月19日にソニー本社で開催する贈呈式で、賞状と目録が渡される。

小学校・中学校対象のテーマ「科学が好きな子どもを育てる」教育実践と計画で、最優秀校に選ばれたのは鹿児島大学教育学部附属小学校の「鹿児島の自然に親しみ、学びの価値を実感する鹿大附小プラン」と、岐阜市立陽南中学校の「自然の事物・現象に進んで関わり、自己の学びをつなぐ生徒の育成」の2校。それぞれに教育助成金300 万円とソニー製品が贈呈される。

ほかにも、優秀校10校(教育助成金50万円とソニー製品)、奨励校79 校(教育助成金10万円とソニー製デジタルスチルカメラ)が選出された。

一方、幼稚園・保育所・認定こども園対象のテーマ「科学する心を育てる」幼児教育実践と方向性で、最優秀園に選ばれたのは、山梨学院幼稚園の「お米づくりから広がる子どもたちの世界」と、奈良市立鶴舞こども園「創造的なひらめきから“いい”をかたちづくる、“いい”こと考えた~きっと“いい”はず~“いい”とはこれだ」の2園。それぞれ教育助成金100 万円とソニー製品が贈呈される。

このほか、審査委員特別賞1園(教育助成金20万円とソニー製品)、優秀園10園(教育助成金20万円とソニー製品)、奨励園68園(教育助成金5万円とソニー製CDラジカセ)も選出。

関連URL

ソニー教育財団「教育助成」

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
熊本市 教員研修スタート NTT DOCOMO
SC C&S 未来を切り開く 教育ICT
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • ICT導入&活用公開セミナー 全国各地で開催中 すらら
  • お試し無料 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス