1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ソニー教育財団、2019年度「教育・保育実践論文」の入選校・園を発表

2019年12月20日

ソニー教育財団、2019年度「教育・保育実践論文」の入選校・園を発表

ソニー教育財団は19日、全国の小学校・中学校、幼稚園・保育所・認定こども園から募集した「教育・保育実践論文」の入選作品を発表した。

北九州市立藤松小学校の実践

今年度は、全国の小・中学校から171件、幼稚園・保育所・認定こども園から153件、合計324件の論文応募があり、書類審査、現地調査と厳正な最終審査を経て、入選校・入選園を決定した。

その結果、最優秀校に選ばれたのは、北九州市立藤松小学校(福岡県)の「科学する心を育む・藤松の教育2019」と題する論文と、豊川市立南部中学校(愛知県)の論文「どうしても解き明かしたい!」。この2校には、教育助成金300万円とソニー製品を贈呈。

このほか、優秀校10校に教育助成金50万円とソニー製品、奨励校73校に教育助成金10万円とソニー製「デジタルスチルカメラ」(1台)が贈られる。

また、最優秀園は、福島大学附属幼稚園(福島県)の「自分で考え、試そうとする子どもを育てる」と、京都市立中京もえぎ幼稚園(京都府)の「“ねがい”~科学する心は“ねがい”からはじまる~」に決定。この2園には、教育助成金200万円とソニー製品を贈呈。

このほか、審査委員特別賞1園と優秀園8園に教育助成金30万円とソニー製品、優良園13園に教育助成金10万円とソニー製「CDラジカセ」(1台)、奨励園50園に教育助成金5万円とソニー製「CDラジカセ」(1台)が贈られる。

受賞した学校・園の教師と保護者代表には、来年1月18日にソニー本社(東京)で開催される贈呈式で、ソニー教育財団・盛田昌夫会長から、賞状と目録が渡される。贈呈式では、入選校・園による研究発表も行う。

関連URL

「教育・保育実践論文」入選作品

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 主催:関西学院高等部、Classi(株) 探求学習×ICTカンファレンス2020 ICTでより深める探求学習のデザイン 開催日2.24(月・祝)
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス