1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. サイエンス倶楽部、高校生対象「AIに特化したプログラミングコース」開設

2019年1月16日

サイエンス倶楽部、高校生対象「AIに特化したプログラミングコース」開設

サイエンス倶楽部は、同社の「プロ・テック倶楽部」で、高校生を対象目安とした「人工知能(AI)に特化したプログラミングコース」を4月からスタートさせる。

0116-scプロ・テック倶楽部は、2016年10月に発足した「プログラミング×ものづくり」教室で、幼児~高校生まで段階的継続的に学ぶ6つのコースを展開してきた。

今回、プログラミング言語「Python(パイソン)」と小型コンピューター「Raspberry Pi(ラズベリーパイ)」を使用した「IoT(モノのインターネット)」に特化したプログラミングコース「6thステージ」のネクストステージとして、AIに特化したプログラミングコース「7thステージ」を4月~2020年3月まで開催する。

全12回の学習を通じて、AIで一般的に実用化されている画像・テキスト・音声の認識機能について、基礎の仕組みから公開されているWeb APIの使い方までを学び、基本的なAIの機能を目的にあわせて活用できるようにする。

「Python」と「Raspberry Pi」を使って、前半は画像認識、テキスト・音声認識など、それぞれの仕組みやプログラミング方法について学び、後半は応用編として画像認識、テキスト・音声認識を組み合わせたプログラミングに挑戦する。

【開催概要】
開催期間:4月~2020年3月(月1回/全12回、1回あたり120分)
学年目安:高2、高3
会費:¥7000/月(税別)
開催地:東京都(豊洲、自由が丘、中野、板橋、つつじヶ丘、町田、国立)、神奈川県(横浜、藤沢)、千葉県(稲毛海岸、船橋、松戸)、埼玉県(浦和、新越谷)、兵庫県(逆瀬川)

関連URL

プロ・テック倶楽部

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf jamfは100を超える自治体で採用! Appleデバイス管理なら CLICK
クラウド授業支援 画面と表情を同時に確認 TeacherView

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス