1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. forEst、「おせっかいな問題集ATLS 」と社名を「Libry」に変更 新サービスリリース

2019年1月23日

forEst、「おせっかいな問題集ATLS 」と社名を「Libry」に変更 新サービスリリース

タブレット端末向け学習プラットフォーム「おせっかいな問題集ATLS (アトラス)」を開発するforEstは、スマートフォンに対応したインターフェースを3月にリリースする。

0123-lv高校生の学習スタイルの変化、および、教員の働き方改革の流れにより、新たな学習/学習指導ツールとなりつつあるスマートフォンに対応したもので、インターフェースの提供開始は3月中を予定している。

また、4月からは科目数を拡大して生物と地学の提供を予定している。これにより理科4科目が揃うことになる。

さらに新しいブランドコンセプトを確立することを目的に、3月14日付でサービス名を「Libry (リブリー)」にリニューアルし、合わせて「Libry」に社名変更を実施する。

関連URL

forEst

ATLS

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
先生、働きすぎていませんか? 10.29火 ICTと教員の働き方Webセミナー Classi 申込はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス