1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. forEst、「おせっかいな問題集ATLS 」と社名を「Libry」に変更 新サービスリリース

2019年1月23日

forEst、「おせっかいな問題集ATLS 」と社名を「Libry」に変更 新サービスリリース

タブレット端末向け学習プラットフォーム「おせっかいな問題集ATLS (アトラス)」を開発するforEstは、スマートフォンに対応したインターフェースを3月にリリースする。

0123-lv高校生の学習スタイルの変化、および、教員の働き方改革の流れにより、新たな学習/学習指導ツールとなりつつあるスマートフォンに対応したもので、インターフェースの提供開始は3月中を予定している。

また、4月からは科目数を拡大して生物と地学の提供を予定している。これにより理科4科目が揃うことになる。

さらに新しいブランドコンセプトを確立することを目的に、3月14日付でサービス名を「Libry (リブリー)」にリニューアルし、合わせて「Libry」に社名変更を実施する。

関連URL

forEst

ATLS

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス