1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アグレックスとEduLab、データエントリーサービスを4月から提供開始

2019年1月23日

アグレックスとEduLab、データエントリーサービスを4月から提供開始

アグレックスとEduLabは22日、EduLabが提供するAI-OCR「DEEP READ」をオンプレミス環境で活用したデータエントリーサービスの4月からの提供開始に向け、営業活動を開始することを発表した。

0123-ag両社は、それぞれが持つBPOノウハウやAI技術を連携することで、安全で効率的なデータエントリーサービスを提供するとともに、将来的には、RPAをはじめとする新たなソリューションの創出やAI関連サービスの拡張を目指していく。

文字認識技術として採用するEduLabの「DEEP READ」は、ディープラーニングに基づくAIを活用した手書き文字のデジタル化サービス。文字列の画像全体を判断することによって9割以上の精度で手書き文字のデジタル化を可能にするという。同技術とアグレックスの「データ処理・補正技術」を組み合わせることで、精度・品質の確保を実現する。

合わせて、アグレックスの提供する全国住所マスター「ADDRESS」をはじめとするCRMマスターファイルをディープラーニングのためのコーパスデータとして活用することで、データ読み取り精度のさらなる向上を図るとしている。

また、アグレックスの顧客の多くを占める金融系企業では、AIやRPAによる機械化への取り組みが進む一方、銀行情報やクレジットカード情報などの個人情報を扱うことから、よりセキュリティが強化されたオンプレミス環境で「AI-OCR」を活用する。アグレックスデータセンター内に「AI-OCR」エンジン搭載のサーバーを設け、ネットワークを経由することなく、「AI-OCR」を使ったデータ化処理を実現する。

関連URL

DEEP READ

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 選定 調達 導入 運用 まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス