1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スマホ向けデジタル問題集「Libry」、複数の高等学校で正式導入

2019年5月10日

スマホ向けデジタル問題集「Libry」、複数の高等学校で正式導入

Libry(リブリー)は9日、同社が今年3月にリリースしたスマホ版学習アプリ「Libry」が複数の高等学校で正式導入されたことを明らかにした。

0510-pwa「Libry」は、既存の問題集をデジタル化し、生徒一人ひとりの学習履歴に基づいて最適な問題を提示する中高生向け学習プラットフォーム。2017年にタブレット版をリリースしたが、さらに携帯性を高め学習機会を増加させるため、今年3月にスマホ版をリリースした。

現在提供している教科は、数学、英語、物理、化学、生物で、佐賀県の県立高校をはじめとして、トライアルでの利用を含めると全国で数百の中学校・高等学校で活用されているという。また、生徒向けコンテンツと合わせて、教員向けには学習履歴や宿題の実施状況を確認するための管理ツールを提供している。

関連URL

Libry

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス