1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. カラダノート、「子育Techアイデアコンテスト」をアスキーキッズと共同開催

2019年1月23日

カラダノート、「子育Techアイデアコンテスト」をアスキーキッズと共同開催

カラダノートが発起人の「子育Tech委員会」は、家庭で実践している子育Techアイデアを募集する「子育Techアイデアコンテスト」を、角川アスキー総合研究所の「アスキーキッズ」と共同で、1月22日〜2月6日23:59まで開催する。

0123-kos「子育Tech委員会」は、子育てにテクノロジーを用いて心身ともにゆとりある育児スタイルを提唱する、ITベンチャー10社からなる共同組織。

今回のアイデアコンテストを実施することで、ギーク(コンピューターやインターネットについて豊富な知識を持つ人)ではない、非ギークな家庭でもちょっとした工夫で簡単に便利になるようなアイデアを集めて広く周知し、「子育Tech」の浸透を目指す。

「子育Tech大賞」(1人)には賞金5万円を贈呈するほか、「企業賞」として各社1万円〜2万5000円程度の賞品を予定している。

また、2月24日の同コンテスト表彰式では、各賞の受賞者と応募内容の発表と合わせて、日本最大級のIoTコミュニティ「IoTLT」の後援で、IoTLTの派生コミュニティ「ファミリーテックIoTLT」の会員による発表も実施する。

表彰式開催概要

開催日時:2月24日(日)14:00〜16:00
開催場所:Voyage Group[東京都渋谷区神泉町8-16 渋谷ファーストプレイス8F]
受賞者LT:カラダノート賞、ポスリー賞、ファーストアセント賞、fotowa賞、アスキーキッズ賞、子育Tech大賞、ファミリーテックIoTLT(登壇者調整中・複数名)

コンテスト応募フォーム

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス