1. トップ
  2. データ・資料
  3. 88%の保護者がIT利用した見守りの必要を感じる、ドリームエリア調べ

2019年1月23日

88%の保護者がIT利用した見守りの必要を感じる、ドリームエリア調べ

地域コミュニティーサービス「マチコミ」や児童見守りサービス「みもり」を運営するドリームエリアは22日、「ITを利用した子どもの見守り」に関するアンケート調査結果を公開した。

0123-da調査は今月16日に「マチコミ」ユーザーを対象に実施され、2万5000名を超える有効回答を得た。「マチコミ」では全国の不審者情報を地図で確認できる「見守り」機能を提供しているが、この機能を「見た」と回答した人のうち60%近くが「不審者情報の件数が多い」と感じていることが調査で明らかとなった。

「子どもの学校や塾の到着・帰宅情報をスマホなどで受信したい」と回答した保護者は71%に上ったが、「すでに受信できる仕組みを利用している」と回答した人は6%にとどまった。

「GPSを利用した現在地確認や防犯カメラなど、ITを利用した見守りの必要を感じますか」との質問には、実に9割が「感じる」と回答。今まで行われてきた地域の見守りや学校の取り組みに加えて、ITを利用した見守りの必要を感じていることが分かった。また、「感じる」と回答した人にその理由を訊ねたところ、「安全が脅かされる事件が多い」「人だけの見守りでは限界がある」との回答がそれぞれおよそ4割という結果となった。

関連URL

マチコミ

みもり

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス