1. トップ
  2. データ・資料
  3. 87%の保護者が子どものインターネット利用に「不安」=ドリームエリア調べ=

2019年12月6日

87%の保護者が子どものインターネット利用に「不安」=ドリームエリア調べ=

ドリームエリアは、スマートフォンやSNS、ゲーム機などの子どものインターネット利用に関するアンケート調査を行い、5日その結果を公開した。

調査は、11月18日~12月3日に、同社の運営するコミュニティーサービス「マチコミ」利用者で、未就学児から大学生までの子どものいる保護者を対象に実施され、2万7000名近くの有効回答が寄せられた。

それによると、小学校低学年から中学年まではスマートフォンの所持率が低い一方で、ゲーム機の所有率が高いことが分かった。最近のゲーム機はインターネット接続ができ、スマートフォンと同等のコミュニケーション機能が搭載されたものも多いので、スマートフォンを与えていなくても注意が必要と思われる。

子どもがインターネットを利用することについて9割近い人が「とても不安」「少し不安」と回答。子どもにインターネット端末を与えている人のうち約6割がフィルタリングサービスや機能制限などをかけていた。さらに、8割以上が機能制限やフィルタリングサービスが有効だと考えていた。

子どもインターネット利用時の注意点について「頻繁に話している」「たまに話している」保護者は6割で、年齢別に見ると小学校低学年では半数にとどまった。「子どもはインターネットの危険性をよく理解している」と回答した保護者はわずか1割にすぎず、年齢別では小学校低学年で3%、中学年では6%という結果となった。

関連URL

調査についての問い合わせ

マチコミ

ドリームエリア

小学校でもICTへの備え 双方向の指導を実現 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス