1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. B Inc、子どもパソコン「IchigoJam BASIC」のver 1.3をリリース

2019年1月28日

B Inc、子どもパソコン「IchigoJam BASIC」のver 1.3をリリース

B Inc.は、セットアップ不要・シンプル・安価な子ども用プログラミング教育ツールソフトウエアとして開発した「IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)」のver1.3を、25日にリリースした。価格は、税抜1500円。

0128-ijIchigoJam BASICは、LEDを点けたり消したりするプログラミングの初めの1歩から、TVゲーム作りを1時間程度のワークショップで体験できる、プログラミング学習用に開発されたOS。

はんだ付けやブレッドボード上で組立てる工程からの電子工作の体験学習もできる。累計発行ライセンス数は、2018年末時点で4万6000を突破。

今回リリースしたver1.3は、「さくらインターネット」のIoTプラットフォーム「sakura.io」を用いたデータのやり取りがより簡単にできる。

sakura.ioは、モノとネットワークでデータを送受信するためのsakura.ioモジュール、通信環境、データの保存や連携処理に必要なシステムを一体で提供するIoTのプラットフォーム。

従来のIchigoJamではsakura.ioモジュールの仕様を把握してプログラミングする必要があった通信処理を、コマンド一つで実現できるようになった。

また、sakura.ioモジュールとIchigoJam BASICを接続しやすくするためのIchigoJam互換機「IchigoSoda」(さくらインターネット製)を使用することで、さらに簡単にIoTプログラミングを体験・利用できる。

B Inc.とさくらインターネットは、IoTやAI、ビッグデータを活用したデータ事業での業務提携を昨年6月に発表。今回のIchigoJam BASIC ver1.3発売はその一環。

関連URL

IchigoJam

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス