1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 子ども向けプログラミング教育ツール「IchigoJam BASIC」をバージョンアップ

2020年9月29日

子ども向けプログラミング教育ツール「IchigoJam BASIC」をバージョンアップ

B Inc. (ビーインク)は28日、同社の子ども向けプログラミング教育ツールソフトウェア「IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)」をバージョンアップしたver1.4.3をリリースした。

ver1.4.3は、累計1000ライセンスを突破した「SkyBerryJAM(スカイベリージャム)」用の記念ファームウェアと共にリリース。また、ナチュラルスタイル社の「IchigoCake BASIC」もver1.4.3にバージョンアップした。

IchigoJam BASICは、LEDを点けたり消したりするプログラミングの初めの1歩から、ゲーム作りなどを1時間程度のワークショップで体験できる、プログラミング学習用に開発されたOS。

IchigoJamは、福井県鯖江市の全小中学校や高専のオープンキャンパスを始めとした様々な教育現場が活用。また、ナチュラルスタイル社が監修する「タミヤロボットスクール」のプログラミングコースに導入されるなど、2020年7月時点で発行ライセンス数は6万5536に達している。

今回のバージョンでは、ILI9341液晶ディスプレイモジュールで表示する専用ファームウェアを公開。画面込みでの組込みデバイス作りや、自作の一体型パソコン作りに便利になった。

また、事前に作成した課題ファイルでプログラミング学習する際や、イベントなどでプログラム展示する際などに、意図しないファイルの上書きを防止する「リードオンリーファームウェア」も利用できるようになった。

SkyBerryJAMは、2015年に栃木県立栃木工業高校で、起業家精神育成事業の取組みとして高校生が開発し、2017年に一般商品化されたIchigoJam互換機。

同高では、「課題研究」の科目や「部活動」などを通し、自校で開発したSkyBerryJAMを使って、高校生が教師役となり小学生に直接指導を行うプログラミング出前講座を、2016年から栃木県内の小学校を中心に実施している。

関連URL

「IchigoJam」

有償バージョンアップ

「SkyBerryJAM」

B Inc.

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス