1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 子ども向けプログラミング教育ツール「IchigoJam BASIC」をバージョンアップ

2020年9月29日

子ども向けプログラミング教育ツール「IchigoJam BASIC」をバージョンアップ

B Inc. (ビーインク)は28日、同社の子ども向けプログラミング教育ツールソフトウェア「IchigoJam BASIC(イチゴジャム ベーシック)」をバージョンアップしたver1.4.3をリリースした。

ver1.4.3は、累計1000ライセンスを突破した「SkyBerryJAM(スカイベリージャム)」用の記念ファームウェアと共にリリース。また、ナチュラルスタイル社の「IchigoCake BASIC」もver1.4.3にバージョンアップした。

IchigoJam BASICは、LEDを点けたり消したりするプログラミングの初めの1歩から、ゲーム作りなどを1時間程度のワークショップで体験できる、プログラミング学習用に開発されたOS。

IchigoJamは、福井県鯖江市の全小中学校や高専のオープンキャンパスを始めとした様々な教育現場が活用。また、ナチュラルスタイル社が監修する「タミヤロボットスクール」のプログラミングコースに導入されるなど、2020年7月時点で発行ライセンス数は6万5536に達している。

今回のバージョンでは、ILI9341液晶ディスプレイモジュールで表示する専用ファームウェアを公開。画面込みでの組込みデバイス作りや、自作の一体型パソコン作りに便利になった。

また、事前に作成した課題ファイルでプログラミング学習する際や、イベントなどでプログラム展示する際などに、意図しないファイルの上書きを防止する「リードオンリーファームウェア」も利用できるようになった。

SkyBerryJAMは、2015年に栃木県立栃木工業高校で、起業家精神育成事業の取組みとして高校生が開発し、2017年に一般商品化されたIchigoJam互換機。

同高では、「課題研究」の科目や「部活動」などを通し、自校で開発したSkyBerryJAMを使って、高校生が教師役となり小学生に直接指導を行うプログラミング出前講座を、2016年から栃木県内の小学校を中心に実施している。

関連URL

「IchigoJam」

有償バージョンアップ

「SkyBerryJAM」

B Inc.

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
Outlookユーザー必見! WISE Alert 手軽に始めるメール誤送信対策ツール ~教育機関様 特別価格~ 20%OFFでご提供 AIR COMPANY LIMITED
jamf | NATION Tokyo 2021 2/2(火)から3/2(火)まで 参加費無料ウェビナーシリーズ リモートワーク ゼロトラスト リモート・オンボーディング 従業員選択制 遠隔授業 デバイス管理のすべてがここに
NICA(全国ICTクラブ協会) オンライン開催 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 英語科の先生がた向け 音読トレーナー Qulmee(くるみー) オンラインセミナー 2021年2月12日(金)
  • スタディサプリ GIGAスクール時代のベストパートナー
  • GIGAスクール構想対応 教育総合ポータル Learning Skeleton AI 小学 これからの学校現場のワンストップソリューションシステム
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス