1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 追手門学院、小中高連携でロボットプログラミング授業を開催

2019年2月8日

追手門学院、小中高連携でロボットプログラミング授業を開催

追手門学院大手前中・高等学校は、併設校の追手門学院小学校で、5年生向けのロボットプログラミング授業を、12・13日に行う。

0208-ot指導は同中高の福田哲也教頭が担当。福田教頭は、ロボットサイエンス部の顧問で、国際的なロボットコンテスト「WRO」世界大会に5年連続で出場。昨年11月には中学生・高校生の2チームをそれぞれ世界第5位、昨年春の「FLL世界大会」では総合優勝へと導いた。

今回の授業では、将来小学校教員を目指す大学生もサポートに入る。児童3人一組がチームを組み、あらかじめ組み立てられた自律型ロボットをプログラミングで動かして、大阪城をテーマにしたミッションに挑戦する。

関連URL

追手門学院

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • みらいスクールステーション 学校内の密集回避や分散授業に みらスクで感染症対策! FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 国内メーカーならではの手厚い対応/無償保証 「GIGAスクール構想」対応ネットワークソリューション AlaxalA
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス