1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 追手門学院、小中高連携でロボットプログラミング授業を開催

2019年2月8日

追手門学院、小中高連携でロボットプログラミング授業を開催

追手門学院大手前中・高等学校は、併設校の追手門学院小学校で、5年生向けのロボットプログラミング授業を、12・13日に行う。

0208-ot指導は同中高の福田哲也教頭が担当。福田教頭は、ロボットサイエンス部の顧問で、国際的なロボットコンテスト「WRO」世界大会に5年連続で出場。昨年11月には中学生・高校生の2チームをそれぞれ世界第5位、昨年春の「FLL世界大会」では総合優勝へと導いた。

今回の授業では、将来小学校教員を目指す大学生もサポートに入る。児童3人一組がチームを組み、あらかじめ組み立てられた自律型ロボットをプログラミングで動かして、大阪城をテーマにしたミッションに挑戦する。

関連URL

追手門学院

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
KDDIまとめてオフィス 教育現場のタブレット 導入実績多数!まとめてサポート
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
Web展示会 プログラミング教室・ツール展 開催中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×アクティブラーニング実践事例
  • 4月3日(水)最新号発行!無料でお届け。 チエルマガジンお申し込み CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス