1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 追手門学院、小中高連携でロボットプログラミング授業を開催

2019年2月8日

追手門学院、小中高連携でロボットプログラミング授業を開催

追手門学院大手前中・高等学校は、併設校の追手門学院小学校で、5年生向けのロボットプログラミング授業を、12・13日に行う。

0208-ot指導は同中高の福田哲也教頭が担当。福田教頭は、ロボットサイエンス部の顧問で、国際的なロボットコンテスト「WRO」世界大会に5年連続で出場。昨年11月には中学生・高校生の2チームをそれぞれ世界第5位、昨年春の「FLL世界大会」では総合優勝へと導いた。

今回の授業では、将来小学校教員を目指す大学生もサポートに入る。児童3人一組がチームを組み、あらかじめ組み立てられた自律型ロボットをプログラミングで動かして、大阪城をテーマにしたミッションに挑戦する。

関連URL

追手門学院

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス