1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 「プログラぶっく」、IoT工作キット開発のクラウドファンディングを開始

2019年2月20日

「プログラぶっく」、IoT工作キット開発のクラウドファンディングを開始

「プログラぶっく」は19日、ARアプリと書籍教材(2019年春に正式リリース)に続き、IoT工作キットとの接続サービスを開発し、クラウドファンディング大手「Readyfor(レディーフォー)」で支援募集を開始したと発表した。

0220-pb「プログラぶっく」は、課題の書かれた書籍や印刷物、命令チップ(プリントされたプログラム)とアプリ(スマホ・タブレット対応)があれば、「誰でもいつでも気軽に本格的なプログラミング手法」を学べるサービス。

2020年度から必修化されるプログラミング教育現場や、海外を含む、様々な学習・研修シーンでの活用を目指し開発された。

今後、多くの教育現場で採用が想定される「Scratch」(ビジュアル型プログラミング言語)の入門編や副教材として、プログラミング手法を学習できる。

児童が能動的に学習できるアクティブラーニング教材で、教える側(先生や親)は、専門知識がなくても教えることができる。

今回のクラウドファンディングでは、2つの事項を実現する考え。ひとつは、プログラミング学習では「覚える」「考える」「発想する」などの要素が必要となるが、ARアプリでは「考える」が主となるので、更に、IoT工作キットと連動することで自分が組み立てたプログラムで動く「モノづくり」の楽しさを体験し学習意欲を向上させる。

また、健常者だけでなく、障害(特に視覚障害)を持つ子供にも、プログラミング学習を可能にする(プログラミング結果を音声デバイスと連携させる)。これは紙媒体とアプリを利用する「プログラぶっく」だからこそ、実現可能な仕組みでもある。

クラウドファンディング募集期間は、2月15日~3月28日までで、目標金額は100万円。

関連URL

「プログラぶっく」のクラウドファンディング

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス