1. トップ
  2. データ・資料
  3. 受験する中高生の9割以上が「大学入学共通テスト」について知らない

2019年3月8日

受験する中高生の9割以上が「大学入学共通テスト」について知らない

じゅけラボ予備校は大学入試改革に関する認知度調査を実施し、7日その結果を公表した。

0308-jl
調査は240名を対象に1月に実施された。それによると、大学入試が新制度に変わることや、大体の内容を知っているという割合は、中高生を持つ保護者では8割、中学生で7割、高校生で9割程度を占めていた。

しかし、肝心の変更内容について「良く知っている」と答えた割合は非常に低く、中高生の親でわずか13%、中高生にいたっては1割にも達しておらず、大学入試改革に関する詳細な内容把握度は低く、センター試験終了後に実施される「大学入学共通テスト」や、英語の民間試験利用に関する「大学入試英語成績提供システム」などの名称についても、まだまだ浸透していない状況が窺えた。

じゅけラボ予備校では、2020年以降の新入試制度について「まだよく知らない」という中高生、保護者向けに、大学入試改革に関する情報をホームページに掲載している。

関連URL

2020年度新入試制度に関する情報ページ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス