1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. エクシード、商店街・企業の「プログラミング体験イベント」開催を支援

2019年3月15日

エクシード、商店街・企業の「プログラミング体験イベント」開催を支援

エクシードは14日、店舗や商店街、企業がプログラミング体験イベントを企画・開催するのを支援し、集客や空きスペースの活用、採用強化、社員ロイヤリティの向上に貢献する新サービス「Tech for elementary.events」を開始すると発表した。

0315-tfe同社は、映像授業をベースとしたプログラミング教室「Tech for elementary」(TFE)を全国でFC展開。事業開始後約3年が経過した現在、日本全国でのべ280以上の教室が加盟している。

今回のサービスでは、店舗・商店街・企業などにTFEの加盟教室の講師を派遣し、プログラミング体験会の開催を支援する。

サービスを利用する側は、売上向上(ファミリー層の集客・離脱防止につなげられる)、資産活用(遊休スペースやモノなどを有効活用できる)、ブランディング(地域人材育成に貢献というアピールができる)、採用強化(社会的意義重視の人材にアピールできる)、社員ロイヤリティの向上(社員に自社を良い会社だと思ってもらえる)が期待できる。

また、TFEと協働することで、投資を最小化(講師/教材/機材を別途調達する必要がない)、効果を最大化(優秀な講師/高品質な教材/集客力のある販促物を使える)、実地検証ができる(机上での検討ではなく実際に実行し、結果を検証できる)、さらに発展できる(通学用の教材を活用し、定期開催や通学講座にスムーズに移行できる)、というメリットもある。

現時点では住宅展示場、携帯ショップ、ショッピングモールなどの集客での事例が多く、2日で約60人の集客に成功した事例もあるという。

また3月24日には、北海道函館市のイトーヨーカドーで、除雪や魚釣りなど地域性や職業性を反映した、ロボットを使ったプログラミング体験イベントを開催する予定。

関連URL

「Tech for elementary.events」詳細・問合せ

函館イベント詳細

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス