1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 討論イベント「インクルーシブ社会の実現」、20日京都で開催

2019年3月18日

討論イベント「インクルーシブ社会の実現」、20日京都で開催

希望結社ツクラム、Nisai Japan、父活プロジェクトの3者で構成する「まちのきょういく委員会」は、「インクルーシブ社会の実現~誰一人として取り残さない学びをつくるには~」と題した討論イベントを、20日に京都市内で開催する。

0318-ic同イベントでは、インクルーシブ社会の実現を、教育と福祉の現場から共有・討論する。インクルーシブ教育は日本だけの課題でなく、グローバル課題でもある。

討論会では、イギリスNisai Group CEOのDhruv Patel (ドゥルーヴ・パテル)氏と、一般財団法人たんぽぽの家の小林大祐氏を招き、それぞれの活動を共有しながら、インクルー
シブ社会の実現を探る。参加者も自由に質問・発言できる。

通信教育によるインクルーシブ教育を実現しているイギリスの教育現場と、困難を抱えて
いる(広義の障がい)人たち一人ひとりに合わせた多様な学び、福祉と社会の新しい協働を
実現している福祉現場の取り組みを通して、インクルーシブ社会の実現を考える。

開催概要

開催日時:3月20日(水)18:30〜20:00(受付18:15~)
開催場所:THE WORLD LOUNGE Co&Co KYOTO[京都市中京区手洗水町670番地 京都フクトクビル2F]
対象:教育・福祉関係者、子育てや福祉に関する企業やNPO、テーマに関心ある企業人、大学生、行政職員など
参加費:1000円(オンライン参加含む)
定員:20人(先着順)

詳細・申込

世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイスを管理 Appleデバイスの管理をもっと簡単に! jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
子ども向けプログラミング学習サービス ライセンス販売 出張講座・共催 ユーバー株式会社
出展情報・商談予約 6月19日~21日開催 EDIX2019 出展者特集

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×学びのカスタマイズ
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス