1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ワコム×マイクロソフト、デジタルペン・インクとAIの連携を強化

2019年5月9日

ワコム×マイクロソフト、デジタルペン・インクとAIの連携を強化

ワコムは8日、ビジネスや教育分野でのデジタルペンとインク活用のさらなる進展を図るため、米・マイクロソフト社とのパートナーシップを強化すると発表した。

マイクロソフトの開発者会議「Build 2019」でのスピーチで、ワコムのインク部門を率いるハイディ・ウォン氏が、同社のデジタル・インク技術「WILLTM 3.0」を、マイクロソフトのAI関連技術「インク・レコグナイザー」と連携させることを発表。

また、デジタルペンの広範な互換性のために、2016年に同社が開始し、マイクロソフトも参画しているUPF(ユニバーサル・ペン・フレームワーク)推進の一環で、同社とマイクロソフト両社の最新ペンプロトコルに対応してアップグレードした、新しいBamboo Inkペン(近日発表予定)も公開した。

ペンとインクは、直感的でスピーディーな入力方法として優れているが、最新IT技術を駆使した様々なサービス(スケジュール管理、クラウド上での業務管理、データ保管、サーチ機能など)との連携は十分にはできていない。

これを可能にするには、ペンとインクで入力したコンテンツを瞬時にデジタル化し、AI が文脈や意味を含めて解釈した上で、ユーザーに対して的確なサポートを提供できるようにする必要がある。

同社は、マイクロソフトとの協力で、WILL3.0で実現した「セマンティック技術」を活用したノートアプリに組み込み、2019年末を目途に同社の「Wacom Inkspace」アプリで、幅広く提供していく予定。

また、両社による革新的な取り組みを最大限に生かすデジタルペンとして、同社は新しい Bamboo Inkペンを準備している。

同社のアクティブESとマイクロソフト・ペン・プロトコルの両方に対応してアップグレードされ、軽いタッチでの入力や傾き検知などに優れているのが特徴。新製品の価格や導入時期については、後日発表予定。

関連URL

ワコム

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス