1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日立システムズなど、ドローン取得情報を地図上に共有するPFを販売開始

2019年5月30日

日立システムズなど、ドローン取得情報を地図上に共有するPFを販売開始

日立システムズ、リアルグローブ、インフォメーション・ディベロプメントの3社は協業して、ドローンなどから取得した情報を地図上に集約しリアルタイムに共有するプラットフォーム「Hec-Eye」のアプライアンス版「Hec-Eyeパッケージ」を、6月末から販売開始する。

0530-he「Hec-Eye」は、複数のドローンやスマートフォンなどの機器と連携し、撮影映像や位置情報などの各種データをリアルタイムに地図上で共有して、取得データを統合・管理できるGIS(Geographic Information System)プラットフォーム。

「Hec-Eye」を導入することで、複数台のドローンを活用して実施する橋梁点検や、複数の場所で発生している災害などの状況をリアルタイムで一元的に把握することが可能となり、ユーザの迅速な意思決定や対応を支援する。

従来の「Hec-Eye」は、各種設定を個別に行ったPCからインターネット経由で利用するクラウドサービスだったが、今回は、「Hec-Eye」の開発元であるリアルグローブのソフトウェア技術に加え、インフォメーション・ディベロプメントのキッティング体制、日立システムズのコンタクトセンターや販売網を組み合わせ、導入から利用、不具合発生時の対応まで、サービスをオールインワン化した製品として販売する。

インフォメーション・ディベロプメントはユーザごとの個別設定情報に基づいてPCをキッティングし「Hec-Eye」専用PCとして提供する。これにより、PC起動後すぐに「Hec-Eye」が起動するため、ユーザはサービス利用開始時の面倒な設定作業から解放され、煩雑な運用操作が不要となる。

また日立システムズは、サービスインフラであるコンタクトセンターを活用し、ユーザからの問い合わせに対応可能なヘルプデスクサービスを提供して、操作や不具合に関する問い合わせを常時一元的に受け付ける。同社は、今後「Hec-Eyeパッケージ」をドローン運用統合管理サービスのオプション機能として、全国の販売網を通じて拡販していくとしている。

関連URL

日立システムズ

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi 教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
映像の撮影・編集・配信が3万円から!! Z-KAI
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • Google for Education ワークショップセミナー 参加費無料 2019年11月~ 全国主要9都市にて 今すぐ申し込む チエル株式会社主催
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス