1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 総務省「異能vationプログラム」が「プレ異能vation」スクール運営協力機関を募集

2019年6月20日

総務省「異能vationプログラム」が「プレ異能vation」スクール運営協力機関を募集

総務省が実施する「異能(Inno)vation」プログラムの業務実施機関を務める角川アスキー総合研究所は18日、異色多様な尖った個性が活動する拠点となる「プレ異能vation」スクール運営協力機関の募集を試行的に開始した。

0620-ino
イノベーションを生み出す「異能」の種の発掘を目指す「異能(Inno)vation」プログラムは、2014年から始まった、奇想天外でアンビシャスな「人・発想・技術」を探すプロジェクト。「失敗を恐れずに奇想天外でアンビシャスな課題に挑戦」し、のびやかに閉塞感を打破していく異能vationの魂が、日本全国・世界各国の隅々にまで広がることを目指し、今年度、新たに「プレ異能vation」への取り組みを試行的に開始する。

その第一歩として、地域におけるちょっと変わった人材や、変わったことに没頭している人々が持つ個性が尊重され、自らが学び協力して挑戦していくような場をつくることになった。その目的のもと、異能vation事務局と一体となり活動していく「プレ異能vation」スクールの「運営協力機関」を募集する。

「運営協力機関」の対象は、法人又は団体(全国の企業、地方公共団体、教育機関、個人事業主、塾、コワーキングスペース、プログラミングスクール等)を想定しているが、プログラムの趣旨に賛同し、真剣に取り組む団体であれば広く対象とする。

「プレ異能vation」スクールは、プログラムが定める評価基準により選定される。選定された場合、運営協力機関は、異能vationプログラムが認定する「プレ異能vation」スクールとして活動できる。

「プレ異能vation」スクール応募方法

応募受付期間: 2019年6月18日(火)~2019年7月31日(水)18:00
受付方法:「異能(Inno)vation」公式サイト内の応募フォームにて受付。

募集要項・詳細

関連URL

「異能(Inno)vation」公式サイト

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
Classi活用事例 生徒のスマートフォンを利用した朝自習の取り組み
ICTクラブ大泉学園 無料プログラミング体験会 やってみなくちゃ分からない ゲームをプログラミングしよう!

アーカイブ

  • みらいスクールステーション 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス