1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 総務省「異能(Inno)vation」2017年度応募受付開始

2017年5月23日

総務省「異能(Inno)vation」2017年度応募受付開始

角川アスキー総合研究所は22日、総務省が2017年度に実施する「異能(Inno)vationプログラム」の業務実施機関として、同プログラムの応募受付を開始した。

_prw_PI1ic_t5b30xnuプログラム開始から3年を経て、今年度の「異能(Inno)vation」プログラムは発展的に大きく変化。ICT分野で、破壊的価値を創造する、奇想天外でアンビシャスな技術課題への挑戦を支援する「破壊的な挑戦部門」に加え、「ちょっとした、けれども誰も思いついたことのないような面白いアイデア」や「自分でも一番良い使い方が分からないけれど、こだわりの尖った技術」、「自らが発見した実現したい課題」等を募集する「ジェネレーションアワード部門」を2017年度から新設し、「異能ジェネレーションアワード」として表彰する。

「異能ジェネレーションアワード」では、これらのアイデア・技術・課題に企業と組んで実現を目指す機会を設けるとともに、異能(Inno)vation協力協賛企業各社より副賞20万円と特別賞などが提供される予定。

また、2017年度のスーパーバイザーには、前年度に引き続き上田学氏、川西哲也氏、高須克弥氏、高橋智隆氏、原田博司氏、牧野友衛氏、まつもとゆきひろ氏の7名と、新たにギネスワールドレコーズジャパンの代表取締役社長 小川エリカ氏が加わる。プログラムアドバイザーには引き続き伊藤穰一氏、中須賀真一氏、西川徹氏、外村仁氏、三池崇史氏が参加している。

申請受付期間は5月22日(月)11:00 ~ 6月30日(金)18:00まで。「異能(Inno)vation」公式サイトの電子申請システムで申請受付する。募集要項ほか詳細は公式サイトに掲載。

関連URL

「異能(Inno)vation」公式サイト

破壊的な挑戦部門

ジェネレーションアワード部門

告知映像

iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据え ICT×紙で行う新しい授業実践 授業への参加意欲があがった Classi NOTE
21世紀を生き抜く力を育む 幼児からシニアまで楽しくICT+プログラミングを学べる ICTクラブ大泉学園 無料体験会開催中
EDIX2019出展者特集 掲載記事募集中

アーカイブ

  • みらいスクールステーション FUJISOFT 大型提示装置の活用がぐんと広がる! 教育ICT専用端末メディアボックス
  • すらら×オーダーメイドの学び
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス