1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ブロックチェーン学習サービス「PoL」、共同制作の一般募集を開始

2019年6月28日

ブロックチェーン学習サービス「PoL」、共同制作の一般募集を開始

ブロックチェーンの学習サービス「PoL(ポル)」は27日、ブロックチェーンを活用したプロジェクト「ALIS」について学習できるカリキュラムを公開すると同時に、PoLでカリキュラムを公開したい事業者の一般募集をスタートさせた。

0628-pol今回のカリキュラムでは、日本有数のブロックチェーン事業「ALIS」で、どのようにブロックチェーンを活用しているのか、どのようにトークンを設計しているのかなどについて学ぶことができる。

PoLは、2018年末のリリース以降、利用者数・カリキュラム数共に拡大しており、今回、PoLでカリキュラムを公開したい事業者を一般募集することにした。

具体的には、「金融」、「ウォレット」、「VC(トークンファンド)」、「ゲーム」、「医療」の5分野における事業者のカリキュラム制作を開始する。良質なカリキュラムを制作するために、原則として各分野につき1事業者だけ。

PoLで共同制作したカリキュラムは、半永久的に閲覧できるので、初心者への事業の認知拡大にも貢献できる。

PoLの利用者層は、デバイスはPC(35%)、タブレット(4%)、スマホ(61%)で、女性が(32%)、男性が(68%)。年齢は10代(17%)、20代(43%)、30代(33%)、40代以上(7%)となっている。

若年層が多く利用している点や、女性の割合が高いのが特徴。暗号資産・ブロックチェーン初心者が多く利用していることの表れだという。

関連URL

PoL

techtec

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
教育改革を見据えICT×紙で行う新しい授業実践 Classi NOTE 授業への参加意欲があがった 詳しくはこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • 近畿大学付属小学校 すらら×小学校
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス