1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AIロボット「Musio」のAKA、英会話アプリを開発するソフトウェア事業開始

2020年2月28日

AIロボット「Musio」のAKA、英会話アプリを開発するソフトウェア事業開始

人工知能エンジン「MUSE」を開発するAKA(米カリフォルニア)は27日、英語教育事業を行う法人を対象とした「ソフトウェア事業」(SaaS)を開始したと発表した。

同社は、英会話学習に効果的な技術をAIロボット「Musio」に搭載して提供。全国100以上の教育機関への導入や数千のエンドユーザー獲得、大手パートナー企業との提携などを行ってきた。

今回、その実績を基に「MUSE」技術をAPI化し、ソフトウェア事業関連のビジネスモデルを展開していく。

具体的には、「英語学習向けAI API技術提携」ビジネスとして、主に社内エンジニアが在籍する法人を対象に、発音チェックや反復練習、学習分析機能、トピック別チャットの技術提携を行えるようにする。

また、社内エンジニアが在籍しておらず、自社でのAPI導入が困難な法人向けには、要望の機能をヒアリングした上で、各法人専用英会話アプリの開発を請け負う。

同社はすでに、韓国と中国で英語学習指導を行うリーディングカンパニーとのAPI提携とアプリ開発を行っており、ベトナムとインドネシアの企業ともパートナー提携をする予定。

アメリカに本社を置く同社は、この数年間、AIエンジン「MUSE」とそのエンジンを基盤にしたAIロボット「Musio」を開発。日本法人は2015年11月に設立した。

関連URL

「Musio」

AKA(英文)

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
SHARP BIG PAD Capmus 「GIGAスクール」時代に欠かせないツール 電子黒板とは?
GIGAスクール構想実現のポイントは? Ciscoならネットワークからセキュリティまで CISCO
NICA 全国ICTクラブ協会 あなたもプロになれる! Webニュースライター講座

アーカイブ

  • 「GIGAスクール構想」に最適なアクセスポイントとは? 成功のカギは、Wi-Fiから FURUNO SYSTEMS
  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス