1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. 佐賀県上峰町、オンライン英会話を小学校5・6年生の授業で5年連続導入

2019年7月19日

佐賀県上峰町、オンライン英会話を小学校5・6年生の授業で5年連続導入

レアジョブの文教向けサービス事業子会社エンビジョンと佐賀県上峰町は、上峰町立上峰小学校におけるオンライン英会話授業の実施に関する業務委託契約を5年連続で締結しており、18日にその学習成果などの実績について発表した。

0719-kmn上峰町では、グローバル化に対応した教育環境づくりの一環として、2015年度から外国語活動の中でオンライン英会話のレッスンを開始し、本年度で5年目を迎える。今年3月末に本年度のオンライン英会話事業者の選定を行い、これまでに引き続きレアジョブ(今年から分社化したエンビジョン)との業務委託契約を締結して、上峰小学校の5・6年生の授業でオンライン英会話のレッスンを行っている。

次期学習指導要領で小学校5・6年生向けの外国語授業のコマ数が増えることを踏まえ、同校では2018年度から両学年における授業数を各50コマへ拡大、また、同じく2018年度から日本人の英語講師を採用して、ALTとオンライン英会話の授業を分割した。

これまでの実績については、マンツーマンのレッスンを取り入れたことで、1人当たりの発話量が10倍に拡大。オンライン英会話授業を受けた児童が中学校に進学後、中学英語において佐賀県平均を上回る成績を収めているという。

また、オンライン英会話レッスン受講前と後の児童に対するアンケートでは、1人で話すことができるようになった児童が3.6倍に増加、話す時に緊張する児童が半分に減るなど、外国人に対する心理的な壁が低くなったことが窺えた。

関連URL

上峰町におけるオンライン英会話授業実績報告の詳細

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
RICOH パソコン環境を有効に活かす 大型提示装置の活用ヒント集 無料DL
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス