1. トップ
  2. データ・資料
  3. ITリテラシー、若い世代への「ちょっとお願い」は負担 =カスペルスキー調べ=

2019年7月31日

ITリテラシー、若い世代への「ちょっとお願い」は負担 =カスペルスキー調べ=

カスペルスキーは、日本を含む世界13カ国1万1000人を対象に、ITリテラシーの世代間ギャップに関するグローバル意識調査を行い、30日その分析結果を発表した。

0731-cpsそれによると、テクノロジーに詳しくない55歳以上で子どもを持つ回答者の35%(日本は28%)が、日常的なテクノロジーの問題に対して、子どもからの手助けを得られず苦労していると回答している。

テクノロジーに詳しくない年配世代は、IT関連のあらゆる種類の手助けを必要としており、「ちょっとお願いなんだけど、インターネットを直してくれる?」「ちょっと教えて、クラウドへのアップロードのやり方を見せてくれる?」「ちょっといい、オンラインバンキングのアプリを安全にしたいんだけど」など、若い世代の家族に頼っている傾向が明らかとなった。

若者世代(テクノロジーに詳しいと答えた25歳~39歳の回答者)の55%(日本は33%)が、家族からの技術的なヘルプに対応する義務を感じている一方で、若者世代の25%(日本は17%)は、技術的なサポートを依頼してきそうな家族を避けているとも回答している。

55歳以上の回答者全体のうち、46%(日本は60%)がテクノロジーに詳しくないことを認めており、テクノロジーに詳しくない55歳以上の41%(日本は25%)は、自分の子どもや若い世代の家族に電話して、遠隔で技術的なサポートをしてもらったことがあるとも答えている。

また、12%(日本は22%)が、テクノロジー関連で手助けしてくれた家族や友人に何らかの謝礼をしたと回答。テクノロジーに詳しくない55歳以上で子どもを持つ回答者の18%(日本は25%)が、子どもが近くにいない場合でさえ、製造元メーカーや購入した販売会社よりも子どもに技術的なサポートをしてもらいたいと望んでいた。

関連URL

調査結果レポートの詳細

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス