1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. アフレル、「WRO Japan2019 WeDo Challenge関東大会」の競技結果を公開

2019年9月13日

アフレル、「WRO Japan2019 WeDo Challenge関東大会」の競技結果を公開

アフレルは12日、神奈川県のパシフィコ横浜で今月8日に開催された「WRO Japan2019 WeDo Challenge関東大会」の競技結果を公開した。

同大会は、国際的なロボットコンテストWRO(World Robot Olympiad)を運営するWRO JAPANと共催のレゴ WeDoを使用した、6歳~10歳向けのロボットコンテスト。

大会当日は、35チーム約80人が競技に参加。主な順位は、1位:栄光ロボットアカデミー横浜校A、2位:L-ビートル、3位:ドラゴン、4位:やまがたロボットクラブ、5位:栄光ロボットアカデミー横浜校B、6位:チームKIDSPRO、7位:わくわくスマート、8位:ヴェリタスD。

また、10月6日には、同大会の関西大会を初めて開催する。2~3人でチームを組んで、レゴWeDoロボットの組立て、プログラム、様々な競技・課題に挑戦する。

「関西大会」開催概要

開催日時:10月6日(日)9:45~16:00
開催会場:追手門学院中・高等学校[大阪府茨木市太田東芝町1-1]
参加対象:6歳~10歳
競技カテゴリー:WeDo Regular
チーム編成:2~3人+コーチ(20歳以上の大人1人)
競技内容:2~3人がチームとなり、レゴWeDoロボットの組立て、プログラム、指定の課題解決に挑戦
エントリー締切り:9月19日(木)昼12時まで

エントリー

関連URL

「関東大会」競技結果詳細

アフレル

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス