1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スリランカで「すらら」全国算数計算コンテストを開催

2019年9月18日

スリランカで「すらら」全国算数計算コンテストを開催

すららネットは17日、文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)」の一環として、スリランカの首都・コロンボで開催した「すらら全国ます計算コンテスト(Surala BOX Calculation Math Contest)」の模様を公開した。

すらら全国ます計算コンテストの 上位入賞者と来賓ゲスト

同社は、海外の小学生向けに、インタラクティブなアニメーションを通じて加減乗除の四則計算を楽しく学べる e-ラーニングシステム「Surala Ninja!」を開発。

現在、スリランカ向けのシンハラ語版、インドネシア向けのインドネシア語版、また、主にインドで活用されている英語版がある。

今回、コロンボで開催した同コンテストには、合計290人の小学生が参加。算数教室の「すららJUKU」や学校の「すらら授業」で「Surala Ninja!」を学習する生徒や、スリランカ全国の小学1年~6年生を対象に、主に招待校の代表生徒らが集まった。

全国規模となった同コンテストは、予選はスリランカの主要6都市で、決勝はコロンボで実施。決勝には、在スリランカ日本大使館、スリランカ教育省、スリランカ学校関係者、スリランカのメディアも出席した。

実力伯仲する予選を勝ち抜き、コンテストの頂点に立ったのは、コロンボ近郊のすららJUKU(塾)タラヘナ校に通う小学5年生。100ます計算で加減乗除の四則計算の「正確さ」と「速さ」を競う決勝では、掛け算の問題を正答率100%・計算スピード2分9秒、という記録を打ち出した。

また、コンテスト決勝の後には、すららフェスティバルを開催し、700人以上の生徒と保護者が参加。スリランカの生徒たちは算数の概念を取り入れた様々なゲームや日本の伝統的な縁日ゲームを体験した。

関連URL

コンテストの詳細

すららネット

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス