1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スリランカで「すらら」全国算数計算コンテストを開催

2019年9月18日

スリランカで「すらら」全国算数計算コンテストを開催

すららネットは17日、文部科学省「日本型教育の海外展開推進事業(EDU-Portニッポン)」の一環として、スリランカの首都・コロンボで開催した「すらら全国ます計算コンテスト(Surala BOX Calculation Math Contest)」の模様を公開した。

すらら全国ます計算コンテストの 上位入賞者と来賓ゲスト

同社は、海外の小学生向けに、インタラクティブなアニメーションを通じて加減乗除の四則計算を楽しく学べる e-ラーニングシステム「Surala Ninja!」を開発。

現在、スリランカ向けのシンハラ語版、インドネシア向けのインドネシア語版、また、主にインドで活用されている英語版がある。

今回、コロンボで開催した同コンテストには、合計290人の小学生が参加。算数教室の「すららJUKU」や学校の「すらら授業」で「Surala Ninja!」を学習する生徒や、スリランカ全国の小学1年~6年生を対象に、主に招待校の代表生徒らが集まった。

全国規模となった同コンテストは、予選はスリランカの主要6都市で、決勝はコロンボで実施。決勝には、在スリランカ日本大使館、スリランカ教育省、スリランカ学校関係者、スリランカのメディアも出席した。

実力伯仲する予選を勝ち抜き、コンテストの頂点に立ったのは、コロンボ近郊のすららJUKU(塾)タラヘナ校に通う小学5年生。100ます計算で加減乗除の四則計算の「正確さ」と「速さ」を競う決勝では、掛け算の問題を正答率100%・計算スピード2分9秒、という記録を打ち出した。

また、コンテスト決勝の後には、すららフェスティバルを開催し、700人以上の生徒と保護者が参加。スリランカの生徒たちは算数の概念を取り入れた様々なゲームや日本の伝統的な縁日ゲームを体験した。

関連URL

コンテストの詳細

すららネット

Connected Ink 2019 「デジタル」なインクと文具で、教育を考える 参加費無料 11.27 wed ANAインターコンチネンタルホテル東京 詳細および登録はこちら wacom
iPadの管理をもっと簡単に! 世界中で20,000社を超える導入実績。1,200万台のデバイス管理に携わっています。 jamf
立命館守山中学校・高等学校 ICT公開授業研究会 11.16土 with Classi 詳細はこちら
プログラミングを子どもに教えたい大人向け1日講座 毎月開催 ユーバー株式会社

アーカイブ

  • 教育ICTって現場じゃ使われないと思ってませんか? ちゃんと使われている事例がたくさんあります。 みらいスクールステーション 成功の秘訣はこちら FUJISOFT
  • わせがく高等学校 すらら×通信制
  • お試し無料! 小学生向け 漢字・計算 クラウド型デジタル教材 CHIeru
  • プログラミング教室ポータルサイト コエテコ by GMO 掲載教室数 No.1
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス