1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ECC、『第6回 小学生英語スピーチコンテスト』を開催

2019年9月24日

ECC、『第6回 小学生英語スピーチコンテスト』を開催

ECCが運営するECCジュニアでは、ECCジュニア教室に通う小学校5・6年生を対象に『第6回 小学生英語スピーチコンテスト』を開催する。


学習指導要領の改訂により、英語教育においては2020年度から小学校3・4年生では「外国語活動」が、また5・6年生では教科化される。今後ますます英語の重要性が高まることが予想される中、本コンテストは「語学力・コミュニケーション能力・主体性」などを兼ね備えた『グローバル人材』の育成を目指している。

ECCジュニアでは1980年設立当初より「世界標準の英語力」をキーワードに、幼児から中学生の子どもたちに向けて、楽しく力のつくレッスンの研究開発及び実践に日々取り組んできた。今年で第6回を迎える本コンテストには、 今年も日頃の学習成果を発揮すべく、 多くのECCジュニア生が参加するという。

第6回 小学生スピーチコンテスト 概要

開催日時・会場:
・近畿
9月29日(日) 新大阪イベントホール レ ルミエール [大阪府大阪市淀川区西中島5-5-15 新大阪セントラルタワー北館2F]
・中部
10月14日(月/祝) ミッドランドホール [愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア オフィスタワー5F]
・関東
10月20日(日) サピアタワー ステーションコンファレンス東京 [東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー5F]

発表形式:自己紹介と課題教材からの英文暗誦
出場者:ECCジュニア教室に通う小学校5年生、 6年生のうち自薦・他薦で応募した約100名
審査方法:
暗誦度・発音・抑揚・流暢さ・声の大きさを審査。 各地区にて1~3位にはトロフィー・賞状・副賞が贈呈される。

関連URL

ECC

ECCジュニア

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
「学びたい!」が溢れ出す navima(ナビマ) 子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス