1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 開志専門職大学、英会話会社「QQ English」と産学連携

2019年9月30日

開志専門職大学、英会話会社「QQ English」と産学連携

新潟総合学院は27日、2020年4月に開学を予定している開志専門職大学(仮称・設置認可申請中)が、英会話会社「QQ English」と産学連携しTOEIC700点以上を目指せるオリジナル英語プログラムを導入する、と発表した。


「QQ English」は、外国人に英語を教える国際資格「TESOL」を持つ1200人以上の正社員フィリピン人講師が在籍し、日本国内の150以上の教育機関がそのプログラムを導入している。

同専門職大では、こうしたネイティブ講師による必修科目として英語を学習する。

具体的には、アクティブラーニングを取り入れながら英語作文能力・英語プレゼンテーション力などの英語コミュニケーション能力の向上を目指す「英語コミュニケーションⅠ・Ⅱ」と、英語スピーチ力と英語プレゼンテーションの基礎を学習。

コミュニケーションで自分の意見を相手に伝えるための技術を学習する「英語プレゼンテーション演習Ⅰ・Ⅱ」の必修科目を、ネイティブ講師から学ぶ。

同専門職大では、いつでもパソコンを立ち上げ60秒で語学留学と同じ授業をマンツーマンで受けることができる。レッスン時間は1レッスン25分で、10段階のレベル別。

「R.E.M.S.」という、反復練習だけではなく、講師の指示に従って文章の主語や動詞、副詞などを変形させるトランスフォームを特徴とする「QQ English」のオリジナルカリキュラムで、着実に英作文力・英語反射力をつけていく。

また、「QQ English」が実施するフィリピン・セブ島でのマンツーマン英語集中研修にも参加できる。1日6時間から、マンツーマンでレッスンが受講できる。

留学先の校舎と宿泊施設は、フィリピン政府が24時間ガードしているセブ島の経済特区と高級リゾート地にある。日本人スタッフも常駐しており、日本語での相談もできるという。

関連URL

開志専門職大学

「QQ English」英語プログラム(動画)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス