1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI技術開発の「アラヤ」、総額10億円の資金調達を完了

2019年10月4日

AI技術開発の「アラヤ」、総額10億円の資金調達を完了

AI(人工知能)の技術開発・ソリューション提供を手掛ける「アラヤ」は3日、第3者割当増資により、約4.5億円の追加資金調達を行ったと発表した。

これにより、同社の今回のシリーズの資金調達額は、7月22日発表分の約5.5億円を加え、総額約10億円になった。

今回の第3者割当増資は、スパークス・グループが運営する「未来創生2号ファンド」、SMBCベンチャーキャピタルが運営する「SMBCベンチャーキャピタル5号投資事業有限責任組合」、住友商事マシネックスの3社が引受先。

資金調達の目的は、「ディープラーニング」や「エッジAI」「自律AI」など最先端のAI技術の開発強化、それらを活用したプロダクトの開発、そして海外展開の推進。

これらの事業拡大に向け、エンジニア・ビジネスディベロップメントなどの採用強化も行う。

また、同社は、9月30日に東京・港区赤坂へオフィスを移転。オフィス面積を従来の2倍以上に拡張した。

これにより、より多くのエンジニア・スタッフの採用による開発・営業体制の強化をするための準備が完了。さらに、財務・管理体制の強化のため、CFOも募集する。

同社は現在、深層強化学習を活用し、人が教えなくても、ロボットやドローンなどが状況を自ら判断して、与えられたタスクを遂行する(「自律的」に動く)ことができるような技術・プロダクトの開発を進めている。

関連URL

アラヤ

ICT活用による公立校の学力向上大作戦 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
ぼくたちは、世界標準で学ぶ こどもOffice(R) Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト 製品サイトへ
NICA 全国ICTクラブ協会 Webニュースライター講座 ≪オンライン開催≫ あなたもプロになれる!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス