1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 英語コーチング「プログリット」が厚労大臣指定「訓練給付制度」の対象講座に

2019年10月9日

英語コーチング「プログリット」が厚労大臣指定「訓練給付制度」の対象講座に

プログリットは8日、同社の英語コーチングプログラム「プログリット」のビジネス英会話コース(12週)が厚生労働大臣指定「一般教育訓練給付制度」の対象講座になったと発表した。

これにより、10月14日以降にビジネス英会話コースを申し込んだ受講生は、厚労省の定める要件を満たした場合、受講者本人が支払った受講費用(入会金を含む)の20%に相当する額(最大10万円)が公共職業安定所(ハローワーク)から支給される。

「一般教育訓練給付金」は、教育訓練受講に支払った費用の一部が国から支給されるもので、その指定講座は制度が開設された1998年度から年々増え続けており、今では1万以上の講座が指定されている(10月8日現在)。

同給付制度を利用する場合、ビジネス英会話コース修了時にTOEIC公開テストの受験が必須となる。

また、自分が受給対象の要件を満たしているか否かは、最寄りのハローワークで事前に問い合わせること。

「一般教育訓練給付金」概要

対象講座:ビジネス英会話コース(12週)
入会金:5万円(税抜)
受講料:46万8000円(税抜)
受付開始:10月14日(月・祝)

詳細・申込み(ハローワーク)

関連URL

プログリット

ICTを苦手の可視化とボトムアップに活用 すらら 活用事例のご紹介
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
Microsoft Officeの小学生向け学習支援ソフト こどもOffice(R) ぼくたちは、世界標準で学ぶ GIGAスクール構想にも最適です!
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 子供と向き合う時間を創出する 学校の新ワークスタイルをご提案! ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス