1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 東京・町田市、アイティフォーの「給食費管理システム」を導入

2019年10月10日

東京・町田市、アイティフォーの「給食費管理システム」を導入

アイティフォーは9日、東京都町田市が学校給食費公会計業務で、同社の「給食費管理システム」の導入を決定した、と発表した。

これにより同市は、給食費を学校ごとに学校長が管理する「私会計」から、市が一般会計に組み入れて一元的に管理する「公会計」に移行。

給食費の会計を見える化することで「会計の透明性」を図ると共に、各小中学校の教職員の業務負担軽減を実現する。システムは、2020年4月から稼働予定。

同社の「給食費管理システム」は、教職員や児童の基本情報や給食費・納期限の管理、給食費予算管理、給食費の会計、徴収状況把握、未納者への督促など給食費管理業務を一元的に管理する。

Web画面から、児童の喫食・欠食情報やアレルギー対応情報などを入力するだけで、会計処理の自動化が実現できる。

同市が特に評価したのは、地方銀行業界でトップシェアを誇る同社の「延滞債権管理システム」のノウハウを活かした未納管理機能。この機能で、給食費の収納状況の把握が容易になり、未納者への催告強化が図れる。

同市は、「給食費管理システム」を導入し「公会計化」促進することで、保健給食課での給食費管理業務を一元化。

会計の見える化により透明性を確保し、業務集中と手作業の排除で業務効率化と働き方改革を促進し、教職員は教育業務に専念。また、システム化による給食費の収納率低下を抑制し、現状の高収納率を維持していく考え。

関連URL

給食費管理システム

アイティフォー

町田市

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
校務用PCの文科省セキュリティガイドラインへの準拠は済んだ? ガイドライン? もちろん! Yubi Plus
Classi 導入事例 客観的データに基づく学習指導 佐賀県立致遠館中学校・高等学校
jamf | NATION Tokyo 2021 2/2(火)から3/2(火)まで 参加費無料ウェビナーシリーズ リモートワーク ゼロトラスト リモート・オンボーディング 従業員選択制 遠隔授業 デバイス管理のすべてがここに
オンライン授業・学習支援システム ライセンス無料進呈 TeacherView

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)活用パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • マルチプラットフォーム辞書 DONGRI 活用事例集プレゼント!
  • スタディサプリ 3校に1校が導入済みのICT教材って?
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス