1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 第2回全国一斉テスト「VERSANT英語スピーキング・チャレンジ」開幕

2019年10月10日

第2回全国一斉テスト「VERSANT英語スピーキング・チャレンジ」開幕

日本経済新聞社は9日、教育出版のピアソン・ジャパンとともに、世界標準の英語テスト「VERSANT」が特別価格で受験できる、第2回全国一斉テスト「VERSANT英語スピーキング・チャレンジ」を開始した。

同チャレンジでは、VERSANTのスピーキングテストが2回受験できる「S&Sコース」(通常価格1万円:税別)と、スピーキングとライティングのテストを1回ずつ受験できる「S&Wコース」(通常価格8000円:税別)の2コースが、それぞれ5000円(税別)で受験できる。

応募期間は12月9日まで。また、12月末までに受験した人の中から抽選でギフト券を進呈。VERSANTの全国一斉テストの受験期限は2020年1月末まで。

同チャレンジは今回で2回目の開催。2018年8月から3カ月間開催した第1回では、ビジネスパースンや大学生のほか、英語教育関係者らが数多く受験。

受験者のTOEIC申告スコアの平均は800点近いハイレベルで、VERSANTの総合スコアは約45点と日本人平均を7点も上回った。

VERSANTは、教育出版世界大手の英ピアソン社が開発した英語テスト。欧米のグローバル企業のほか、国内でも金融や製造業の大手企業を中心に200社以上が社員の英語力を詳細に把握するアセスメントテストなどとして導入している

国内では、日経新聞社が2015年から法人顧客向けに販売。今年6月には、VERSANTのスピーキングテストの国内受験者数が累計で20万人を突破した。

VERSANTのスピーキングテストでは、受験者はスマホなどを使い、ネイティブスピーカーによる63問の矢継ぎ早の質問に、約20分という短い時間で答えていく必要がある。

「文章構文」「語彙」「流暢さ」「発音」の4スキルごとに20点~80点まで1点刻みで採点。合計点から英語コミュニケーション力のスキルの高さを示す「総合スコア」を算出する。

関連URL

「VERSANT英語スピーキング・チャレンジ」申込み

VERSANT

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • フルノシステムズのオンライン展示会 オンラインショールーム MEETUP Wi-Fi WEBセミナー 動画デモ FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス